当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【千と千尋の町】 九イ分の写真

こちらのページの写真は、 Canon Power Shot (型番:A720 IS)で撮影しました。


※  九イ分の『イ分』(フン)と言う文字がうまく出ない可能性がありますので、九+イ+分で書いています。予めご了承ください。m( _ _ )m


九イ分(きゅうふん)は、近年、有名になった台湾の観光スポットです。
雨だったり曇ったりすることが多い中、幸運なことにずっと晴天の中、九イ分の撮影ができました。

スポンサーリンク

九イ分は土日休日は非常に込んでアクセスしにくくなり(不便になりますので)、平日のすいている時に行くのがお勧めなんだそうです。
(ガイドさん曰く)



九イ分には飲食店や露店が多く、独特の情緒があります。
露天の匂いや雰囲気は、台湾の夜市の匂いと近いです。
商店街には、有名な赤提灯がぶら下がっていました。



飲食店は、レトロな雰囲気がかなりよい感じです。
ここはかなりお勧めです。




九イ分の町からは海が見えます。
夕暮れ〜日没までは空が赤く染まってきれいです。
日没後の夜景もなかなかきれいです。



九イ分には、放し飼いの犬やら猫がいます。



人間に非常に慣れていますし、おとなしい子らでしたが、ノミなどの寄生虫予防や狂犬病予防などのため、一応、念のために撫でたりするのは控えたほうが無難かもです。



九イ分の商店の華やかさと比べて、町並みは素朴です。



人も華やかさも、商店やメインストリートや飲食店に集約された感じです。
私が行ったのは平日でしたが、すごい人ごみでした。



九イ分は階段状の坂を上らねばならないですので、足の悪い方は、杖などをお持ちになった方が無難かもです。降りる時は、誰かに手を持ってもらったりするのもありかもです。



あと、夜は街灯のない場所はかなり暗いですので、階段を上り下りする際はお気をつけください。



夜景の写真や夜の商店街の写真は、失敗(被写体がボケたり、高感度で撮影したのでガサガサになったり)が多かったです。



本当は、 三脚 を立ててシャッタースピードを下げて低感度で撮影するとよいのですが、三脚を持ってきてなかったですので、高感度(ISOを800か1600)&絞りの数値を低くして撮影たんですが、その甲斐なくボケたりガサガサになったりしてしまいました。(´・ω・`)



と言うわけで、次は 三脚 を持参したいと思います。
(今のは結構大きめなので、旅行用に携帯用の小ぶりなのが欲しかったり・・・)


こちらのページの写真は、 Canon Power Shot (型番:A720 IS)で撮影しました。


スポンサーリンク