当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【中高年に大人気】 レコードプレーヤーを買った


先日、母がレコードプレーヤーを買いました。
どうしても、昔買ったレコードが聞きたいと言うことで・・・



今回買ったレコードプレーヤーは、DENONと言うメーカーの音聴箱と言うプレイヤーです。
このDENONと言うメーカー、最初は聞き慣れないメーカーだなあと思ったのですが、DENONのWEBサイトを見ると、DENONは昔、日本コロムビアだったと書かれてありました。
(老舗中の老舗のメーカーでした。(´・ω・`))

スポンサーリンク

この音聴箱と言うレコードプレイヤーには、高いものから安いものまでいくつかの種類があります。
楽天やAmazonなどの一部のメーカーでは、様々な種類の音聴箱を買うことが出来ます。


関連商品

音聴箱



一番最後にうちの家にあったレコードプレイヤーは、ボタン一つでレコードの再生が出来たのですが、この音聴箱はボタン一つでは再生できません。
昔懐かしの『手動再生』です。



手動再生の仕方は、昔のプレイヤーと同じです。
レバーを上げ、レコード針のそばのつまみを持ったまま、レコードの一番端にそっと置きます。
この時、レコード針を雑にボトッっと落としますと ドガッ と大きな音がしますので、ヘッドホンをつけてないとビックリしますし、ヘッドホンをつけてると耳が痛くなったりします。



ipod やウォークマンなどの近年のプレイヤーではこんな不具合が起きることもすっかりなくなり、最初から最後まで便利で快適になりましたが、昔はこう言うので一々ヒヤヒヤしていたものです。 ( ´ω`)

ところで、母がこのレコードプレイヤーを買う決め手になったのは、スピーカーとレコードプレイヤーの一体型であると言う点にありました。
と言うのも、スピーカーなしのレコードプレイヤーは薄くて軽いんですが、スピーカーなしのレコードプレイヤーの場合、別売りのスピーカーを買って設置する必要があり、かえって場所をとってしまう恐れがあったからです。



ちなみに、この音聴箱の音ですが、どこか懐かしい生っぽい音がしました。
実際にちゃんとした環境で違う音が発せられるのかどうかのテストをしたわけではないですので、本当に違う音が出ていたかどうかはわからないですが、私が聞いた限りでは、CDの軽めの洗練された音とは違い、生っぽい音が出ていたように思いました。



関連商品

レコードプレーヤー


【まだまだ】 交換針の買い方 【買えます】


関連商品

交換針

レコードプレーヤー


現在、交換針は店頭で販売されていないことが多いですが、まだまだAmazonや楽天などの大型通販サイトでは販売されていますので、交換針をお買い求めの際は、楽天やAmazonのような大手通販サイトをご利用になられるとよいかと思います。 ( ´・ω・)


スポンサーリンク