当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

難解(?)年金用語解説ページ

年金用語について、分かりにくい事柄を解説してみました。

用語 解説文
賦課方式年金

年金を受け取る世代のお金を、現役世代が支払う制度
少子高齢化の影響大
運用成績と年金受取額の差が小さい

個人別積立年金

個人がそれぞれ将来受け取る年金を積み立てていく制度
少子高齢化の影響を受けにくい
運用成績や金利の状態により、受け取る年金額が変更

拠出

掛け金を支払うという意味。
確定拠出型年金・・・という場合は、支払う掛け金の額が決まっている・・・ということです。
確定(決まっている)/拠出型(掛け金の額)/年金

確定拠出型年金

運用成績によって受取額が変わる年金。
アメリカ版401kを元に作られました。
別名「日本型401K」とよばれています。

受取額が運用成績によって変更
(運用に成功すれば将来受け取る年金が増えますし、運用に失敗してしまえば、受取額が目減りしてしまいます)

【アメリカ版 401Kとは?】
アメリカの内国歳入法(米国の所得税法)401条のK項に定められた要項を満たした企業年金のことをいいます。

この401kに給与から掛け金を支払うと、掛け金には税金がかけられないようですので、受け取り時まで課税が免除されるようです。また、転職や退職時に掛け金も一緒に持ち運び出来ますので、アメリカ人向き・・・なのかもしれません。

確定拠出型年金
(個人型)

企業年金のない人々の為の確定拠出年金
アメリカ版は個人型の確定拠出型年金が主なのですが、日本版は、企業型の確定拠出型年金が主です。

【日本で個人型の確定拠出型年金に加入できる方】
この3つを全て満たしていることのようです。

@ 専業主婦(3号)公務員以外の60歳未満の方
A 会社員の方で、企業型確定拠出年金・他の企業年金のどちらも無い場合
B 国民年金被保険者であること

確定拠出型年金
(企業型)

厚生年金に加入している企業が掛け金を支払います。
日本では主にこの方式がとられています。

確定給付型年金

給付の金額が決まっている年金です。
給付額により、掛け金をはじき出す方式での年金です。

支払額が決まっていて、運用成績次第で受取額の変わる確定拠出型の年金と対比されることの多い年金です。
確定(決まっている)/給付型(受取額)/年金


スポンサーリンク