当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

ティッシュペーパー節約術?

節約生活で大事なのは、消耗品に対する支出を押さえることだ。
そう考えた私は、ある大胆な計画を立てた。
それは、我が家で一番の消耗品、ティッシュペーパーの支出を押さえるということである。ティッシュペーパーをポケットティッシュに変えれば、

ティッシュペーパーをわざわざ買わなくて済むではないか!

スポンサーリンク

・・・私は、そのように考え意気揚々とその考えを実行に移した。
まず、ティッシュを買わなくて済むほど大量のポケットティッシュが必要である。

そこで、友人知人にお願いして繁華街に出かけたときには、ポケットティッシュをもらってきてもらい、それをそのままわけてもらった。また、自らも、ポケットティッシュを配っているアルバイトの方々が街角におられる際は、ポケットティッシュをGETできるように、そのアルバイトの方々のそばにそっと近寄っていき、何食わぬ顔でポケットティッシュをGETした。

そのような私や私の友人や知人の協力もあってか、ポケットティッシュは徐々に溜まり始め、段ボール箱いっぱいに溜まった。

よしよし、これで、当分ポケットティッシュに事欠かないな

私は自信満々のほくほく顔で、そのポケットティッシュの山を見つめた。
しかし、その喜びもつかの間だった。
普通のティッシュからポケットティッシュにかわって、非常に不便になったのだ。緊急にティッシュが必要になったとき、ポケットティッシュはビニールがジャマをして、取り出しにくかったのだ。

しかも、まとまった枚数が必要なときには、そのめんどくさいビニールを何個もいちいち破いて中身のティッシュを取り外さなければならなかったのだ。

その上、ポケットティッシュは家の中では不必要なほど携帯性が高かったため、家のあちこちにポケットティッシュが持ち運ばれ、家のどこをみても、ポケットティッシュがおかれてある状態になってしまったのだった。

しかも、中身が使用済みになった時点で、さっさと捨ててくれればよいのだが、中には捨ててくれない人もいて、「あ!ティッシュだ。ティッシュ使おう!」と思ったらビニールだけだったと言う「だまし」事件も頻発し、不便極まりない生活になっていった。

不便だ・・・

あまりにも不便になったので、私はある方法を考えたのだった。
それは、先にポケットティッシュの中身を取り出しておいて、ポケットティッシュを一箇所にストックする方法だった。

これは案外いけてるかもしれない・・・

私は意気揚々と、ポケットティッシュのビニールをむしり始め、どんどんとティッシュを積んでいった。そして、気がついたら朝になり、ついにポケットティッシュの取り出しは完成した。

すばらしい!

ポケットティッシュがむき出しになって山積みになってるのをみるにつけ、何て素晴らしいんだろうかと、我ながら惚れ惚れした。これで、ポケットティッシュの悪夢から開放されると思ったのだった。そして、このすばらしい作戦はしばらくの間、うまく行った。

しかし、だんだんとある不具合が起こり出したのだった。それはポケットティッシュの調達がままならなくなってきたことだった。
友人や知人も次第にポケットティッシュを調達するのをめんどくさがるようになり、自分自身もだんだんとポケットティッシュをかき集めるのが辛くなってしまった。なによりも、最初のうちはものめずらしくて斬新だった、ポケットティッシュのビニールむしりがものすごく辛く感じてきてしまったのだった。

これだったら、このぶんバイトして稼いだ方がいいかもしれない。

なんせ、時給700円のバイトだって一時間で6個入りのポケットティッシュ2セットは買えてしまうんだから・・・私の中で、そう思った瞬間に何かが終わった。
そう、ティッシュ節約大作戦が、終わりを告げたのだった。


スポンサーリンク