当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

架空請求はがき事件

今、マスコミで話題になっている、架空請求はがきがウチにもやってきてしまいました〜
この感動を伝えたくて、思わず専用にページを設けてしまいました〜

以前TVでやっていたのとほぼ同じはがきだったので、もう、受け取ったとたんにピーンときました。(本当に、ほとんど同じヤツだったので、驚きでした!)
そのはがきの冒頭には赤い字で最終通告と書かれてありました。

さらに、住所も以前テレビで見たものとそっくりで、法務省認可法人 関○管財○務局と・・・しかも所在地も以前TVで見たように東京都 中央区 日本橋で・・・もう・・・

スポンサーリンク

「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!」・・・て感じでした。

で、早速、警察署に連絡したところ、同様のはがきがたくさん届いているとのことで、警察署の方の対応も、「アア、それネ・・・。」・・・というような雰囲気でした。

何でも、そのはがきに記載されている所在地は、実在していないようですし、特に30歳〜40歳くらいの女性にたくさん届いているようで、どこからか特定の場所から情報が漏れている可能性があるとの事・・・。しかも、ずっと実家を離れている人の所にも、そのはがきが届いているようですので、そうなるとその情報源はさらに特定されるようで・・・。

警察署の方からは、「そのはがきの電話番号には絶対に電話しちゃダメですヨ」と、何度も忠告を受けた上、「同じようなはがきを同世代のお友達が受けているかもしれないから、お友達に、このはがきが来たら、はがきの電話番号に電話しないように言っておいてネ」・・・との事も言われました。

・・・というわけで、再度、この業者から電話やはがきが来たり、仮にこの業者が民事訴訟を起こしたりした場合には、またしても警察に言って報告しようかと思います〜
(その際には、また後日談を書こうかと思います)


スポンサーリンク