当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【安心?】 PayPal について 【不安?】

※ ご注意 ※
こちらのページは、2010年9月に当サイトの管理人が書いたものですので、情報が古くなっている場合があります。また、PayPal について調べて出来る限り正確に書いたつもりではありますが、もしかすると間違いが掲載されている可能性もありますので、PayPal をご利用になる場合は、必ず、PayPal のサイトを御覧になり重要事項等をご確認ください。

スポンサーリンク

PayPal と言う決済サービスがあります。
これは、 お金を支払う人 ⇔ 商品やサービスを受け取る人 の間に入って、決済のお手伝いをする仕組みです。
このPayPal はアメリカを中心に世界中の国々で利用でき、利用者数は伸び続けています。

ところで、すべての物事に言えることなのですが、物事には良い面悪い面があります。
PayPal もそうです。
メリットとデメリットがあります。
そこでこちらのページでは、PayPal のメリットとデメリットについて書こうと思います。


PayPal のメリットについて

1.クレジットカードや銀行の口座番号などの重要な個人情報を、直にお店やオークションの売り手に知らせなくても良い

これが一番のメリットです。
アメリカでPayPal が使われることが多いのは、eBayと言うオークションサイトです。
何故なら、オークションの買い手売り手クレジットカード番号を教えたがらないからです。

その逆もまた然り。
売り手は買い手に自身の銀行の口座番号などを教えたがりません。
そんなわけでeBayでは、PayPal を利用する人が多いです。

※ 備考
日本でシェアの高いYahooオークションの場合、簡単決済などのサービスを用いれば、クレジットカード番号や口座番号などを知られずに決済できますので、Yahooオークションでは簡単決済サービスを利用される方が多いようです。


2. 決済が簡単&楽

通販サイトでクレジットカードを使って商品を購入する場合、そのサイトにクレジットカード番号を登録できないと、一々クレジットカード情報(カード番号・有効期限・カードの所有者名など)を入力する必要がでてきますが、PayPal はクレジットカード情報の入力が不要ですので、お買い物のたびにクレジットカード情報を調べる必要がなくなりです。


3. 中小零細企業も参加しやすい

クレジットカードを使うときは、結構気を使うものです。
何故ならば、そのクレジットカード情報が流出してしまう危険性があるからです。

ですので出来れば、クレジットカードの使用はセキュリティ対策の万全な大手企業だけに限定したいと思うのが人情だったりします。
と言うわけで、名前が広く知られていない会社であれば、敬遠される可能性も高くなります。

そこで重宝されるのが PayPal です。
PayPal ですと、取引相手に口座番号やクレジットカード番号を教える必要がないため、中小零細企業であっても、購買者の敷居が低くなりやすくなります。


3. 外国の通販やオークションを利用しやすい

昔、外国の通販サイトで商品を購入したら、何と自分のクレジットカードに自分の購入していない商品やサービスの明細が・・・と言う話をよく聞きました。
なので、外国の通販サイトで物を購入するのは危険なのだと・・・。

でも、PayPal を利用すると、相手にクレジットカード情報が渡らないため、そのようなトラブルに巻き込まれにくくなります。


PayPal のデメリットについて

1.セキュリティの状態は通販サイトによるので、顧客情報の流出トラブルに巻き込まれることもある

PayPal 自身はセキュリティをしっかりしていても、通販サイトのほうにセキュリティの穴があることがあり、過去には、アカウント情報がハッキングされ、身に覚えのない商品の購入などで、PayPal 口座のお金が無くなったり、クレジットカード口座から多額のお金が引き落とされた事件が起こりました。

これは、PayPal に限ったことではなく、クレジットカードでも言えることかとは思いますが、このようなトラブルに絶対に巻き込まれたくない場合は、PayPal やクレジットカードは使用しないほうが無難です。


2.買い手保護制度が悪用されることがある

PayPal には、買い手保護制度があります。
これは、商品の代金を支払ったのに、商品が届かなかったと言う可哀相な買い手を保護するための制度です。
この買い手救済制度は以下の通りです。


1. 買い手が商品が届いていないとクレームを出す
2. PayPal が売り手に配達完了証明書を出すよう求める
3. 売り手が配達完了証明書を出せなかった場合、売り手の口座のから買い手に返金する


この制度自体はとても良いものなのですが、実際には買い手が商品を受け取っているのに、商品を受け取っていないとクレームをつけ、配達完了証明書を出せなかった売り手から、商品代金までも受け取ってしまうと言う事件が発生しました。
(配達完了証明書を出せないと分かっていて、わざとやる場合もあるようです)


この他、PayPal にまつわるトラブルとして、オークションや通販サイトの利用による一般的なトラブル・未入金・商品が配達されないなどのトラブルもありますが、これはPayPal でなくとも発生するときは発生しますので、これに関してはPayPal のデメリットには含めませんでした。

ちなみに、PayPal の親会社がeBayと言うこともあり、eBayのオークションのトラブルの場合は、比較的サポートが充実しているようです。
(私がPayPal のヘルプページを読んだ限りではですが・・・)


以上が、PayPal のメリットとデメリットです。
ちなみに、PayPal のサービスは拡充中のようで、昔は日本語対応していなかったのが日本語対応されるようになったり、日本語が微妙だったヘルプページの日本語がまともになったり、トラブルが発生した際のサポートが日々充実して言ったりと、日々進化し続けているようです。

ただ、(2010年現在では)PayPal は海外のオークションや通販サイトでは使い勝手が良いとは思いますが、日本ではYahooオークションがかなりのシェアを占めており、日本のオークション界でどこまで食い込めるかは未知数かもです。


スポンサーリンク