当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【気をつけよう】ネットショッピングの注意点

インターネットで商品を購入する場合や、ライセンスを購入代金を支払う場合は、以下の点に注意した方が良いかと思います。このページに書かれた注意点に注意するだけでも、インターネットショッピングの危険性は大幅に軽減できるかと思います。

スポンサーリンク

まず、インターネットショッピングをするにあたって気をつけることは6個。
これらの事柄を一つずつ詳しく見て行きましょう。


  • SSLを使用しているか
  • 信頼性のあるサイトかどうか
  • 海外のサイトで商品を購入するときには注意する
  • 個人情報を安易に扱わないショップを選ぶ
  • ネットショッピング用のクレジットカードの限度額は低く設定する
  • カード明細は細かい部分までしっかりとチェックする

1.SSLを使用しているか

インターネットのショッピングサイトのクレジットカードのカード番号や暗証番号の打ち込み画面で、SSL(暗号)を使用しているかどうか調べることが重要です。
また、支払い・口座関係の画面で、アドレスに
https://○○・・・.htmと、なっているかどうかの確認をしてください。

通常は、http://○○・・・となるかと思うのですが、https:となっていると、その画面の情報は暗号化されている証拠なので、これはきっちりと確認する必要があります。
また、WindowsでIE(インターネットエクスプローラー)を使用されている方は、https:のアドレスの際は、画面右下に鍵のアイコンが表示されているかと思います。

これは、このページは暗号化されていますヨ〜ということを表示したものですので、インターネットでショッピング゙される際は、ぜひご確認ください。(アフェリエイトショップは支払いには直接関係しないので、アフェリエイトサイトの場合、このケースのショッピングサイトには含めません)


2.信頼性のあるサイトかどうか

信頼性の無いショッピングサイトであるならば、購入は控えた方が良いかと思われます。ア●ルト商品を扱っていたり、セキュリティーもザルっぽい・・・など、そういう会社で商品をクレジットカードで購入しない方が良いです。(これは、当たり前ですネ・・・)


3.海外のサイトで商品を購入するときには注意する

海外のサイトで商品を購入した後、身に覚えの無い請求がきたケースもちらほらあるようです。クレジットカード決済をした場合、偽造カードなどによる不正利用の被害に合われた場合は、保障される場合が多いです。


4.個人情報を安易に扱わないショップを選ぶ

ネットショップの中には、SSL(暗号)の適用されていない「メール」などの手段にて、クレジットカード番号などの個人情報を送ったり、メールでそれらの情報を聞いてきたりなどの、ずさんな個人情報の取り扱いをしているショップがあるようです。

そのようなずさんな個人情報の取り扱いをしているインターネットショップで商品を購入すると、後でどのような犯罪に巻き込まれるか分かりません。
ですので、個人情報の取り扱いがしっかりとしているインターネットショップから、商品を購入することをお勧めします。


5.ネットショッピング用のクレジットカードの限度額は低く設定する

万が一、カード番号などが読み取られた場合の対策として、クレジットカードの限度額を低くする方法があります。限度額が低いと、被害がより少なくて済みます。
これは、海外や国内で頻繁にカード利用される際にも有効です。


6.カード明細は細かい部分までしっかりとチェックする

知らない間に、カードの不正利用があるかもしれません。カードのご利用明細は、隅から隅までしっかりとチェックして、確認しましょう。もしかしたら、実の覚えの無い支払いをしてしまっているかもしれません。
また、定期購読や月額利用料の自動引き落としをしていて、それらを解約した場合は、きちんと引き落としが停止されているのかを確認することが大切です。

ネットでの買い物は、ややこしくて大変そうです。
しかしながら、しっかりとした商売をやってらっしゃるショップも多数あります。
きちんとしたショップを利用目的別に何店か見つけて、楽しいネットショップライフを送りましょう〜

また、ウィルス対策やハッキング対策を行うためには、セキュリティーホールを無くしたりしておいたほうが宜しいのではないかと思いますので、Windowsのアップデートはお忘れなく。


スポンサーリンク