当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

為替証拠金取引(FX)の注意点

為替相場には、ストップ安(ストップ高)がありません。
つまり、値幅制限がないのです。
ですので、あれよあれよという間に損失が膨らんでしまうことがあります。
株でしたらストップ安がありますので、家に帰ってきてから株ボードを見て、

「工工エエエエエ(゚Д゚)エエエエエ工工」

・・・という展開もあるかと思いますが、為替取引の場合は「工工エエエエエ(゚Д゚)エエエエエ工工」で済まなくなる可能性があるわけです。
(株でも、信用取引で全力二階建てやMM銘柄を取引していたりして、大変なことになる場合もありますが、リスクの大きさということから、このページでは敢えて為替取引のリスクについて記載しました)

スポンサーリンク

【相対取引の注意点】 業者選びに気をつけよう!

為替証拠金取引(FX)は「相対取引」です。つまり、一対一の取引です。
この場合の一対一とは、「私(投資する人)」「為替証拠金取引(FX)の業者」です。
ですので、手数料も千差万別ですし、お客様に提示される取引レートも千差万別なのです。

株でしたら、株式市場で多数の方々が参加してザラ場中の株の値段で株式と現金の交換を行うシステムになっていますが(業者さんや株式市場は単なる取次ぎ役です)、為替証拠金取引(FX)の場合は、株式相場の取引とは異なるわけです。

本来、外貨取引というものは銀行や為替ブローカーなどの「大口の機関投資家」の間で行われる取引です。ですので、小口投資金額の個人のお客様がチマチマと為替取引に参加できないのです。
でも、為替証拠金取引(FX)はどういうわけか存在しており、何となく為替相場に参加できているような感じがします。

これは、為替証拠金取引の業者さんが、注文に出来るだけ近い値段で売買に応じてくれるブローカと折衝して、その値段での為替取引を仲介しているのです。この為、為替相場はあくまでも参照程度に使われるものであり、実際に取引できる値段とは異なるというわけです。

為替証拠金取引(FX)の業者さんは千差万別です。
ですので、出来るだけ快適で有利な取引を継続して行う為に、口座開設の前に資料などをよく読んだ上で、できるだけ良いの為替証拠金取引(FX)の業者さんを選ぶように心掛けた方が宜しいかと思います。

為替相場には、ストップ安(ストップ高)がありません。
つまり、値幅制限がないのです。
ですので、あれよあれよという間に損失が膨らんでしまうことがあります。
株でしたらストップ安がありますので、家に帰ってきてから株ボードを見て、

「工工エエエエエ(゚Д゚)エエエエエ工工」

・・・という展開もあるかと思いますが、為替取引の場合は「工工エエエエエ(゚Д゚)エエエエエ工工」で済まなくなる可能性があるわけです。
(株でも、信用取引で全力二階建てやMM銘柄を取引していたりして、大変なことになる場合もありますが、リスクの大きさということから、このページでは敢えて為替取引のリスクについて記載しました)


【相対取引の注意点】 業者選びに気をつけよう!

為替証拠金取引(FX)は「相対取引」です。つまり、一対一の取引です。
この場合の一対一とは、「私(投資する人)」「為替証拠金取引(FX)の業者」です。
ですので、手数料も千差万別ですし、お客様に提示される取引レートも千差万別なのです。

株でしたら、株式市場で多数の方々が参加してザラ場中の株の値段で株式と現金の交換を行うシステムになっていますが(業者さんや株式市場は単なる取次ぎ役です)、為替証拠金取引(FX)の場合は、株式相場の取引とは異なるわけです。

本来、外貨取引というものは銀行や為替ブローカーなどの「大口の機関投資家」の間で行われる取引です。ですので、小口投資金額の個人のお客様がチマチマと為替取引に参加できないのです。
でも、為替証拠金取引(FX)はどういうわけか存在しており、何となく為替相場に参加できているような感じがします。

これは、為替証拠金取引の業者さんが、注文に出来るだけ近い値段で売買に応じてくれるブローカと折衝して、その値段での為替取引を仲介しているのです。この為、為替相場はあくまでも参照程度に使われるものであり、実際に取引できる値段とは異なるというわけです。

為替証拠金取引(FX)の業者さんは千差万別です。
ですので、出来るだけ快適で有利な取引を継続して行う為に、口座開設の前に資料などをよく読んだ上で、できるだけ良いの為替証拠金取引(FX)の業者さんを選ぶように心掛けた方が宜しいかと思います。


スポンサーリンク