当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

塩漬け姉さんの株的体験談 パート4

ココでは塩漬け姉さんの株の体験談を報告します。
「アホなやつがおる」とかいって、笑わないでやってくれたらうれしいです。


大人買いの気分

小型株という株がある。
小型というだけあって、発行か部数が少なく、祭りでも起こらない限りは静かなものである。
しかも、成り行きで買う人も少ないので、銘々が好きな値段で粘り強く自分の指値を買い取ってくれるのを待っているんである。

ここで問題が起こった。私は普段から成り行きで買っているし、元々イラチな性格なので、小型株を成り行きで買いたくなったんである。

そこで私は意を決して成り行きボタンを「エイッ!」とポチした。
すると、瞬く間に数個の指値を吸い上げて、私の株は約定した。
「ハァ〜、これが大人買いの気分かぁ〜(はぁと)」

そうして、私はつかの間の感慨に浸ったのであった。
この後、この株を売るときに、苦労したのは言うまでもない。

教訓・・・逝きはよいよい還りは怖い

スポンサーリンク

ロックされた口座

証券会社にログインするには、口座番号のほかパスワードも必要である。
さらに取引するにもパスワードが必要である。
パスワードが必要なのは証券会社だけではない。

メールも、ブログも何でもIDやパスワードがいるのである。
そんなパスワードだらけの生活をしていると、パスワードを打ち込む際に混乱してしまうことがある。
そんなわけで、ゴチャゴチャになった頭でいつものように取引用のパスワードを打ち込んだのであったが、どうもパスワードが通らない。

でも、調べるのもめんどくさかったので、パスワードの確認をせずに「おかしいなぁ〜」と思いながらポチポチパスワードを打っていた。

しかし、何度かパスワードを適当にポチしていたら、恐ろしいことに口座がロックされてしまった。
そこで、慌てて証券会社に電話したら、証券会社の相談窓口のお姉さまに「あぁ〜 ( ̄ー ̄#) 」と言われてしまったのであった。

教訓・・・めったやたらにポチしない


三菱UFJ FG 誕生

私が株を始めてから、ずっと触り触りしている株がある。
それは、東京三菱株と、UFJ株である。
その両者が2005年の10月にめでたく結婚することとあいなった。

そこでその後、祝儀に私もあずかることとなったのだ。
私はそのご祝儀を受け取るべく、ウハウハいいながら利確。
そして、さらに新たなご祝儀をもらうべく、ひたすら三菱UFJ FG株が下落するのを待ち続けた。

しかし、私がご祝儀を受け取ったあとも、三菱UFJ FG 株は上げ続けた。
三菱UFJ FG 株の新しい門出を祝うにふさわしい、実に華々しい上げであった。
そんな華々しい三菱UFJ FG 株の上げを、私が草葉の陰からそっと見守っていたのは言うまでもない。

教訓・・・来るはずもない買い時を、寒さこらえて待ってます。


2匹目のタヌキ

長きに渡って私の懐で熟成された東鉄株。
半年近い塩漬けの中で、まさに完熟の域に達した東鉄株は、ある日突如として吹き上げ始めた。
そこで、私はいつものように売りたい病が炸裂しそうであったが、ここはいつもの失敗を思い出し、グッとガマンの子であった。

そんな私のガマンが功を奏したのか、東鉄は見事1800円台へ突入。
私のテンションも最高潮であった。
そんな私が次に考えたのは、
「このままキープしておると、きっと2000円に行くに違いない」
・・・ということであった。

そこで私は、手持ち株を一切利確せずに全株アホールドすることにしたのだった。
しかし、そんな私に悲劇が起こった。
東鉄は2000円の声を聞くことなく下落し始めたのだった。

それもものすごいスピードである。
そしてあっという間に買値を下回ってしまったのだった。

教訓・・・2匹目のタヌキはさらに大きい


初めてのアコム

ある日初めてのアコム株を買った。
するとアコム株は私の手持ち株らしく、毎日規則正しく下げ続けた。
「いやいやまいった、これはナンピン決定だな・・・」
そう思い、買い指値注文を入れてそのまま外出。

帰って来て買えているかな〜などとのんきなことを言いながら手持ち株を見てみると、あるはずのアコム株がない!
「やや!アコム株はどこへ行った!」

必死になって探し回った挙句、私は思わぬところでアコム株を発見した。
取引履歴の売り約定した欄にアコム株は悲しそうにひっそりと鎮座しているではないか!
私はアコム株の売りと買いを間違って注文していたのだった!!

「おおお、ゴメンよ〜、手放すつもりは無かったのに!」
そんな私の悲しみもそこそこに、数日後、さらに私に追い討ちのかかる出来事が起こった。

そう、あのアコム株が爆上げしていたのである。
「ココで売っておれば、利益出まくりだったのに!」
後悔してももう遅い。
こうしてアコム株との短いお付き合いは終了した。

教訓・・・ご利用・ご返済は計画的に。


スポンサーリンク