当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

塩漬け姉さんの株的体験談 パート3

ココでは塩漬け姉さんの株の体験談を報告します。
「アホなやつがおる」とかいって、笑わないでやってくれたらうれしいです。


TOTO株の悲劇

TOTOにMe’s戦略ツールで買いシグナルが出た。
チャートを調べてみると、なるほど底っぽい。
そこで、「キャッキャ」言いながら、いつものように買い出動。

すると驚いたことにTOTO株はジワジワ値を上げていった。
しかし私は、「ま、TOTOは上げても大したことないから」
・・・などと罰当たりな事を言いながらそのまま放置。
そして含み益はついに9万円に達したのだった。

しかし私は、「このままもっと上がるはず!恐らく1200円はかたいだろう」
・・・などと意味不明の自信に満ち溢れた言動を吐きながら、さらにそのまま放置してしまったのであった。
すると翌日からTOTO株は猛烈に下げ始めた。

見事な下げっぷりであった。
そうして、TOTO株がほぼ買値に下がってきたところで9000円分の利確。
「何? 私8万1円儲け損ねた?!」

そう思っても後の祭り。
どうやら欲張りは儲からないらしい。

教訓・・・取らぬタヌキは大きい

スポンサーリンク

東芝株で2度沈没

買いシグナルが出たので、東芝株を買った。
しかしながら、いつものように「CB債発行」という曲げに襲撃され、あえなく沈没。
そうして、東芝株との長い長いお付き合いが始まった。

歳月は流れ、月日は矢のごとく過ぎていく。
そうしているうちに、CB債の悪夢も徐々に薄れ、ついに東芝株はほんの少しだけ買値を上回った。
そこで早速、売り出動。

東芝株とついにお別れする日が来たのだった。

そして、東芝株のことは忘れかけたある日、日経CNBCを見ていた母が言った。
「あれ〜、東芝株爆上げしてるやん!儲かってるやろ〜」
その問いに、私は2度目の沈没をしたのであった。

教訓・・・2度目の沈没はさらにこたえる


爆上げ

住友鉱山株が上がっていた。
それもスゴイ上がり方だった。値下がりで塩漬けしていたのに、ウソのように上がっていた。これぞ本当の爆上げだった。
「オォーッ!これはスゴイーーー!!」

そんな時、とある声がした。
「朝やで」
母だった。
私は、「爆上げの夢」を見ていたのだった。
そして、実際に株価ボードを見てみると、そこには、ジリ下げの住友鉱山株がいた。

教訓・・・夢では金持ち


西武株の悲劇

とうとう西武株が涅槃に旅立たれました。
新聞の株式欄を見ても、ネットの銘柄検索しても、もう彼の雄姿を見ることはできません。
そうです。

彼は本当に涅槃へと旅立って行ったのです。
数々の伝説と共に・・・。

教訓・・・さようなら、西武株・・・、さようなら、株式会社西武鉄道


売りたい病

人にはそれぞれ持病がある。
私の場合は「売りたい病」だ。
とにかく、持ち株がちょっとでも買値を上回ると、売りたくて売りたくて仕方ないのである。

「上がってる!上がってる!天井か!ココが天井かー!」
・・・と言う具合にである。

買う前にチャートをじっくりと検証して、ココまでは上がるであろうというのは予測しているのだが、プレッシャーに弱いために耐えられないんである。そのため、少しでも値を下げると、「落ちてしまうー!」と、あっさりと利確してしまうのであった。
それも安値で・・・。

教訓・・・チキンの株屋は利確好き


エプソン株の悲劇

エプソン株がMe's戦略ツールで買いシグナルが出ていた。
そこで意気揚々と買い出動したが、例のごとくズルズルと下げはじめた。

コレでもかと下げ終えた後、ジワリジワリと戻したエプソンをやれやれ売りで手放したら、例のごとく爆上げした。しかも恐るべきことにストップ高になっていた。
その日の新聞には、エプソンの今期、純利益71%増と出ていた。

教訓・・・当たるも八卦当たらぬも八卦


世にも恐ろしいUFJ株損切り話

あまりにも悲惨すぎて、なかなか口に出せないものがある。
それは、「損切り」だ。
あれよあれよという間に下がり続け、あっという間に50万円台に・・・

60万以上の損切りをして、UFJ株とお別れするのはかなり悲しかったが、
ある朝、ついにUFJ株とお別れする決心をした。
さようなら、UFJ株。そうして、私はUFJ株の売り注文をクリックしたのだった・・・。

教訓・・・今度帰ってくるときは、三菱東京株?


SQの悲劇

SQ当日の朝、やはり今回も寄り前に勢い良くストップ安をつけている銘柄がたくさんあった。
やれやれ今日もか・・・と思い、ふと自分の持ち株を見ると、やはり下げている。

が、どうもおかしい。
ストップ安ではないが、何だかひどい下げ方をしている。

どうかSQの下げでありますように・・・と、祈っていたが、結局、その祈りは通じず、私の持ち株だけそのまま寄り付いてしまった。
寄り付き前の私の持ち株の下げは、SQの下げではなかったのだった。

教訓・・・何でもSQのせいにしてはいけない


祝☆三菱東京株 パート2

東京三菱がまたしても下げている。
そこで、いつもながら、「ウハウハ」いいながら買い出動した。
しかし、今回もしばらくはズルズルと下落した。

また上げるのに時間がかかるんだろ〜な〜などと思っていたら、
日経新聞に「三菱東京とUFJ統合」のニュースが・・・
こうして、生まれて初めてのストップ高を経験したのだった。

教訓・・・ありがとう!三菱東京!


日産の底抜け

ある日日産が下げていた。
猛烈な勢いで下げていた。
今までBOX圏でうろうろしていたのが、段々とレンジが狭まり、ついにXdayがやってきた。

底をどんどん割り込んでいき、1100円台を割り込んだ。
私はみごと、日産の貴重なXdayを日産と共に過ごすことが出来たのだ。
決して喜ばしくはなかったが・・・

教訓・・・レンジが狭まってる銘柄には注意せよ


スポンサーリンク