当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【革新的】 松井証券について 【サービス】

松井証券のサービスには大変な定評があります。
松井証券からは、時代の魁となるような革新的なサービスがたくさん打ち出されました。
そのサービスの中には、現在の証券会社の多くが取り入れているものも多いです。
このページでは、その松井証券のサービスの一端をご紹介したいと思います。


無期限信用取引が選択できる!

信用取引には、「一般信用取引」「制度信用取引」の2つの信用制度があります。
制度信用取引というのは、従来型の6ヶ月という弁済期限のある信用取引です。

その一方で、一般信用取引というのは弁済期限などを個人投資家と自由に決めることが出来るという制度ですが、無期限信用取引というのは、この「一般信用取引」を利用したものです。
(この制度、松井証券が取り入れた当初はものすごく話題になった制度です)


松井証券なら預株がOK!

証券会社に預けた株を日証金へ貸し出して、貸し出し料(預株料)を得ることが出来たら幸せだと思いませんか?松井証券なら、ある条件さえ揃えばそれ(預株)が可能なのです。
預株制度を利用してみたい方は、ぜひ松井証券のネットストックに口座を開設して、預株制度のお申し込みをされることをお勧めします!


松井証券の手数料の基本

松井証券の手数料は、とてもユニークです。
「ボックスレート」と呼ばれる手数料体系をしています。

では、「ボックスレート」とは何かというと・・・
1日の中で約定した代金の合計金額が一定範囲ならば、売買回数は無制限定額制の売買手数料・・・です。非常に分かりやすい料金体系をしていますネ!


画期的!一日の約定代金合計が10万円以下は手数料無料!

これは衝撃的なサービスでした。
本当に手数料が無料になるの?
・・・と、我が目を疑うほどの驚きの出来事でした。

松井証券の「一日の約定代金合計が10万円までは手数料無料」が、ず〜っと続くサービスです。キャンペーン期間だけの特典ではないところが非常にうれしいですネ!
ただしこのサービス、少々気をつけなければならない点があります。

それは適用対象外の銘柄があるということです。(適用対象外の銘柄につきましては、松井証券のHPにてご確認ください)それと、一回の売買が10万円以下なら・・・というサービスではないので、10万円以下の銘柄を一日に何度も売買したら、手数料がかかってしまいますので、↑の二つの点はどうぞご注意ください。


日計り取引の片道手数料無料!

立会外分売などの一部の取り引きを除き、日計り取引の片道手数料は無料です。
※注意※ 除外ケースにつきましては、必ず松井証券のHPにてご確認下さい!
このサービスがありますと、一日の約定代金の合計金額を減らしていけますので、日計りをすればするほどお得になっていくのです。(デイトレされる方にはうれしいサービスです♪)


合わせ技でビックリ!手数料が無料になる場合

日計り取引の片道手数料無料サービスと、約定代金合計が10万円以下は取り引き手数料無料サービスの合わせ技で、さらにお得になるケースがあります。
例えば・・・9万円の株を買ってその日のうちに売ったとします。

約定金額は18万円ですので、通常であれば3,150円ですネ!
でも実は・・・日計り取引の片道手数料無料サービスがあるので、0円なんです!
こういった合わせ技をOKしてくれるっていうのも、松井証券ならではのありがたさですネ!


無料で受けられるサービス【会員向け】

■ QUICK情報
■ 株価ボード
■ QUICKリサーチネット
リサーチレポートサービスです。
個別銘柄情報から大局的なマーケット情報まで様々な情報を見ることが出来ます。
■ アナリストレポート
リーマンブラザーズ証券のアナリストレポートを無料で見れます。
■ テクニカルチャート
外国為替専用のテクニカルチャートです。
■ 為替ニュース


有料で受けられるサービス【会員向け】

■ ネットストックトレーダー
リアルタイムで個別銘柄の価格情報等を更新させる機能を持った情報サービスです。
これがあるのとないのでは大違い。
非常に有益な情報サービスですのでお勧めです。

■ ネットストックトレーダー・プレミアム
ネットストックトレーダの高機能版です。

■ 松井証券ディーリング・ブラウザ
株価、指数、為替、オプション、ニュースをリアルタイム自動更新
テクニカル指標は30種類以上、シュミレーターも装備
板情報や歩値、リアルタイム・ランキング・・・などなど盛りだくさんの内容です。


メルマガで情報GET!

松井証券はメールマガジン(メルマガ)を発行しています。
投資情報を集めようと思われている方には、お勧めのメルマガです。

【メルマガの例】
松井証券マーケットプレゼンス
テクニカル指標、人気銘柄ランキング、ブルベア比率、先導株比率に毎日発表の信用取引速報など、個人投資家の売買動向を読み取れるデータが満載のメルマガです。
メルマガの購読料は無料です。


【驚き!】 IPOに落選したら「IPO落選お詫び料」がもらえる!?

この「IPO落選お詫び料」とは、IPOに申し込みをして当選する日を待っていたのに、結局IPOに落選してしまった方々を対象に、支払われる「お詫び料」です。
(「IPO落選お詫び料」のお支払い対象にマッチされているかどうかは、松井証券のHPをご覧下さい)


松井証券で取り扱っている上場投資信託

株価指数連動型投資信託受益証券(ETF)
詳細情報は、ETFのページをご覧下さい。

不動産投資信託(REIT)
詳細情報は、REITのページをご覧下さい。

ベンチャーファンド市場
未公開企業のベンチャー企業への投資を行う会社型投資信託です。ベンチャーファンド市場への上場によって、個人投資家も未公開企業への投資機会が得られます。


その他色々な取引ができる!

※1 eワラント日経先物取引※2 日経平均オプション取引など多彩な取引が出来ます。
(詳しくは、松井証券のHPをご覧下さい)

※1 eワラント
eワラントとは、株式・株価指数・外国為替などの現資産を対象に発行され、通常は現資産の価格に連動しながら、より大きな値動きをする傾向がある商品です。

※2 日経平均オプション取引
オプション取引とは、満期日以内の期間内に、原資産価格(日経平均)があらかじめ決められた価格で買い付けたり売り付ける権利(オプション)を売買する取引です。


中国株が取り引きできる!

中国株の中でも香港市場の株はほとんど取り引きできるそうです。
また松井証券の中国株取引では、下のような機能が使えます。
さらに、口座管理料も無料です。


  • リアルタイム株価やチャート機能
  • 企業情報
  • スクリーニング機能(検索機能)

松井証券で取り扱っている日本株

ほぼ全ての証券取引所の日本株を取り扱っています。
証券取引所によっては、監理ポスト・整理ポストの買い付けや売却も可能です。
その他、松井証券ではグリーンシート銘柄も売買することが出来ます。
グリーンシートについてはグリーンシートについてのページをご覧下さい。


【現物取り引き】

  • 東京証券取引所 1部・2部・マザーズ
  • 大阪証券取引所 1部・2部・ヘラクレス
  • JASDAQ証券取引所 (マーケットメイク銘柄含む)
  • 名古屋証券取引所 1部・2部・セントレックス
  • 福岡証券取引所 (Q-Board含む)
  • 札幌証券取引所 (アンビシャス含む)

【信用取引】

  • 東京証券取引所 マザーズ含む
  • 大阪証券取引所 ヘラクレス含む
  • JASDAQ証券取引所
  • 名古屋証券取引所 セントレックス含む
  • 福岡証券取引所 Q-Board含む
  • 札幌証券取引所 アンビシャス含む
  • 上場投資信託

スポンサーリンク