当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2007年 10月 の「決算」

2007年 10月 30日 (火)

スイス・UBS・7―9月期決算

* 最終損益 約820億円の赤字
* 前年同期 約2000億円超の黒字
* 約4100億円の評価損を計上(サブプライム絡み)


2007年 10月 29日 (月)

USBは、サブプライムローンに関する追加損失の発生については否定。


2007年 10月 24日 (水)

アメリカ・メリルリンチ

* 評価損  計79億ドル
* 最終損益 22億4000万ドルの赤字
* 債務担保証券(CDO)の値下がり&CDOの焦げ付き


2007年 10月 22日 (月)

サブプライムローン問題や金融市場の混乱で、アメリカの大手金融機関が相次いで巨額の損失を計上。(損失の合計が純利益の1.4倍)
直近の四半期決算で、7社が減益または最終赤字。


2007年 10月 05日 (金)

メリルリンチ 7―9月期決算 最終赤字

* サブプライムローン関連で約54億ドル(約6400億円)の評価損を計上
* サブプライムローン債権・CDO(債務担保証券)関連が45億ドル
* 企業向けの高リスクローンが9億6700万ドル


2007年 10月 03日 (水)

スイス・UBSは7―9月期・赤字に転落

* サブプライム関連の証券化商品の巨額損失の影響
* 最大で8億スイスフラン(約800億円)


ドイツ・ドイツ銀行はサブプライムローン問題で、7―9月期に約22億ユーロの損失を計上。
資産運用ビジネスや不動産の売却益で、全体では前年同期比・1割程度の増益

《損失の内訳》
* 住宅ローン債権などの証券化商品に関する引当金が約15億ユーロ
* ほかにM&A(合併・買収)ビジネスでの資金融資の引当金が7億ユーロ
* 市場価格の下落や担保価値の低下に対応し、評価額の引き下げ


スポンサーリンク