当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2007年 10月 10日 (水) −2007年 世界同時株安の記録−

指標

IMF・アメリカの成長率 2.8% → 1.9%(下方修正)
IMF・世界経済全体の成長率 5.2% → 4.8%(下方修正)
(サブプライムの焦げ付きの拡大)


日本・8月・機械受注 7.7%減(市場予測 6.1%減)


日本・8月・経常黒字 42%増

* 輸出好調
* 利子収入などの所得黒字の増加
* 所得黒字は貿易黒字を上回る(2カ月連続)


日本・9月・通貨供給量 1.7%増

* 預金通貨(普通預金) 0.4%減の311兆7000億円
* 準通貨(定期預金) 3.8%増の317兆9000億円
* 広義流動性(国債・投資信託) 4.1%増
* 投資信託 31.2%増


日本・9月・銀行貸出残高 0.6%増(20カ月連続増加)

* 都市銀行 0.7%減(205兆5438億円)
* 地方銀行 2.2%増(182兆6540億円)
* 民間銀行+信用金庫 0.6%増(450兆5768億円)


その他

日銀は政策金利を現状維持を決定。(賛成8・反対1)
無担保コール翌日物金利(政策金利)の誘導目標 0.5%前後


ムーディーズは、日本国債の格付けを「A2」から「A1」に引き上げた。

* 財政再建の方針を継続
* 政府債務の増加が横ばい


イギリス財務省は、買収ファンド経営者に対する課税の強化を発表。

現行税率 10%
強化後の税率 18%(2008年4月6日〜)


日本・外国人投資家の日本株・9月売越額 5803億円
日本・外国人投資家の日本株・8月売越額 1兆2709億円


為替

国際通貨基金(IMF)が2008年・米国の実質成長率を大幅下方修正する見通しを発表したことから、金利先安感が台頭。

ユーロは金利先安感から対ドルに対し反発。
金利先安感はあるものの、円はドルに対して3日続落。

為替 高値 安値 終値
円・ドル 117.52 円 116.94 円 165.66 円
円・ユーロ 165.97 円 165.04 円 117.12 円

日本市場

NYダウが過去最高値更新を好感した買いが先行したものの、外国人投資家からの買いは続かず、日経平均株価は小幅続伸。TOPIXは反落。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
日本 ( 日経225 ) 17.99 0.10
日本 ( TOPIX ) ▼ 1.88 ▼ 0.11
騰落レシオ ( TOPIX ) 93.7

アジア市場

香港・ハンセン指数は続伸。
中国本土からの資金流入期待やFOMC議事要旨でアメリカの追加利下げ観測が強まり、不動産株や中国本土系銘柄を中心に上昇。

上海総合指数は5日続伸。
中国共産党大会を前に「株急落につながる政策発表を出しにくい」との見方が広がり、買い安心感に繋がる。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
韓国 ( KOSPI ) 記録なし 記録なし
中国 ( 上海総合 ) 56 0.97
台湾 ( 加権 ) 記録なし 記録なし
香港 ( HANG SENG ) 341 1.21
シンガポール ( ST ) ▼ 51 ▼ 1.33
オ-ストラリア ( ASX ) 記録なし 記録なし
インド ( SENSEX30 ) 記録なし 記録なし

ヨーロッパ市場

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
イギリス ( FTSE100 ) 17.60 0.27
フランス ( CAC40 ) ▼ 23.44 ▼ 0.40
ドイツ ( DAX ) 6.13 0.08
イタリア ( MIB30 ) ▼ 150.00 ▼ 0.36
スペイン ( IBEX35 ) 1.10 0.01

アメリカ市場

企業の業績に関する不安材料が続き売り優勢でNYダウは反落。
ナスダックはグーグルなどのハイテク株への買いが入り底堅く推移。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
アメリカ ( NY DOW ) ▼ 85.84 ▼ 0.61
アメリカ ( NAS ) 7.70 0.27
ブラジル ( Bovespa ) ▼ 351.65 ▼ 0.55
アルゼンチン ( Merval ) ▼ 14.44 ▼ 0.63

<< 前の日  次の日 >>


スポンサーリンク