当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2007年 10月 03日 (水) −2007年 世界同時株安の記録−

商品

2010年に石油の備蓄を現在の4倍前後の1200万トンにする計画を発表。

* 需要の急増のエネルギー不足のリスクを減らすため


警戒

グリーンスパンFRB前議長は新興国市場について「現在の上海株式市場はバブルそのもの」と指摘

* 実体経済と比べて株高が行き過ぎていると指摘
* 金融政策は引き締め期は徐々に、緩和期は急激になるのと述べる


指標

スイス・UBSは7―9月期・赤字に転落

* サブプライム関連の証券化商品の巨額損失の影響
* 最大で8億スイスフラン(約800億円)


ドイツ・ドイツ銀行はサブプライムローン問題で、7―9月期に約22億ユーロの損失を計上。
資産運用ビジネスや不動産の売却益で、全体では前年同期比・1割程度の増益

《損失の内訳》
* 住宅ローン債権などの証券化商品に関する引当金が約15億ユーロ
* ほかにM&A(合併・買収)ビジネスでの資金融資の引当金が7億ユーロ
* 市場価格の下落や担保価値の低下に対応し、評価額の引き下げ


指標

アメリカ・9月・指数非製造業景況感(ISM)

* 市場予想並み
* 54.8(前月比 -1.0ポイント)


アメリカ・8月・米中古住宅販売指数 -6.5%

* 調査開始以来最低
* 市場予想(2.0%)を大きく下回る
* 指数の低下は持ち家を転売したくてもできない
* 過去の指数の最低値は、01年9月の89.8(米同時テロ)


アメリカ・9月の米新車販売台数

前年同月比 -2.9%
* 4カ月連続前年割れ
* 米フォード・モーターは21.4%減
* 住宅市場の冷え込みの余波
* 1―9月累計の販売は前年同期比2.8%減


アメリカ・9月・ADP全米雇用リポート

* 前月比5万8000人増(政府部門を除く非農業部門の雇用者数)


8月の世界半導体売上高、4.9%増

* NAND型(携帯型音楽再生機器用)フラッシュメモリーの需要が拡大(48%増)


欧州・雇用情勢の好転・人手不足で賃金が上昇

* フランスなどでは食料品の値上がりが大きい
* インフレへの対応が困難
* ユーロ圏13カ国の8月の失業率・6.9%(過去最低水準)


為替

サウジアラビア・リヤルの対ドル相場が21年ぶりの高値。

* ペルシャ湾岸産油国の他の通貨も大幅高
* アメリカは利下げしたが、インフレ懸念で湾岸産油国は利下げしないため、金利差が拡大している
* ドルペッグ制(ドル連動)の見直しの可能性あり
* サウジ・リヤルが1ドル=3.73リヤル
* アラブ首長国連邦・ディルハムは5年ぶりの高値
* カタール・リヤルは2年ぶりの高値
* オマーン、バーレーンなどのドルペッグ採用5カ国・公式の連動レートを大幅に上回る水準で取引

為替 高値 安値 終値
円・ドル 116.79 円 115.54 円 116.70 円
円・ユーロ 165.72 円 164.30 円 164.39 円

日本市場

アジア株高を好感し、東証大引けは3日続伸。
新興市場・3指数は3日続伸。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
日本 ( 日経225 ) 153.11 0.90
日本 ( TOPIX ) 24.22 1.48
騰落レシオ ( TOPIX ) 90.9

アジア市場

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
韓国 ( KOSPI ) お休み お休み
中国 ( 上海総合 ) お休み お休み
台湾 ( 加権 ) 76.82 0.80
香港 ( HANG SENG ) ▼ 719.81 ▼ 2.55
シンガポール ( ST ) ▼ 39.21 ▼ 1.03
オ-ストラリア ( ASX ) 記録なし 記録なし
インド ( SENSEX30 ) 518.42 2.99

ヨーロッパ市場

アジア株の好調を受け、小幅高で引ける。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
イギリス ( FTSE100 ) 34.80 0.54
フランス ( CAC40 ) 6.91 0.12
ドイツ ( DAX ) 8.51 0.11
イタリア ( MIB30 ) ▼ 29.00 ▼ 0.07
スペイン ( IBEX35 ) ▼ 6.20 ▼ 0.04

アメリカ市場

アメリカ市場続落。
半導体関連株が軟調。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
アメリカ ( NY DOW ) ▼ 79.26 ▼ 0.56
アメリカ ( NAS ) ▼ 17.68 ▼ 0.64
ブラジル ( Bovespa ) ▼ 1,918.55 ▼ 3.09
アルゼンチン ( Merval ) ▼ 6.06 ▼ 0.27

<< 前の日  次の日 >>


スポンサーリンク