当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2007年 08月 28日 (火) −2007年 世界同時株安の記録−

為替

前日発表の米経済指標の悪化で、投資家のリスク回避姿勢が強まるとの見方から投機筋から円買い・ドル売り注文が出た。

円はユーロに対しても大幅続伸。
ユーロは対ドルで大幅続落。
リスク回避目的でユーロの買い持ち高を減らす動きから、ユーロ売り・ドル買いが優勢。

為替 高値 安値 終値
円・ドル 115.76 円 114.09 円 114.12 円
円・ユーロ 156.12 円 155.18 円 155.23 円

日本市場

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
日本 ( 日経225 ) ▼ 13.90 ▼ 0.09
日本 ( TOPIX ) ▼ 3.16 ▼ 0.20
騰落レシオ ( TOPIX ) 69.0

アジア市場

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
韓国 ( KOSPI ) 26.28 1.46
中国 ( 上海総合 ) 44.57 0.87
台湾 ( 加権 ) 9.24 0.11
香港 ( HANG SENG ) ▼ 213.97 ▼ 0.91
シンガポール ( ST ) ▼ 45.44 ▼ 1.34
オ-ストラリア ( ASX ) 7.60 0.12
インド ( SENSEX30 ) 76.81 0.52

ヨーロッパ市場

前日や当日のアメリカ市場の大幅下落や、短期物の米国債への買いが膨らみ金利が大きく低下したことを受け、イギリス市場は、金融関連株を中心に売られる。
バークレイズ銀行はサブプライムローンの大型投資があるとの報道を受けて下落。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
イギリス ( FTSE100 ) ▼ 117.90 ▼ 1.90
フランス ( CAC40 ) ▼ 116,37 ▼ 2,08
ドイツ ( DAX ) 55,75 0,74
イタリア ( MIB30 ) 743,00 1,85
スペイン ( IBEX35 ) 180,70 1,26

アメリカ市場

アメリカ市場は、住宅指標や信用リスクへの警戒や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け下落。(7日のFRBのFOMC議事要旨で利下げについてあまり踏み込んだ議論がなされなかった)
S&Pの6月のケース・シラー住宅価格指数で、全米20大都市の住宅価格を示す指数の前年同月比の低下幅が拡大したことも売り要因。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
アメリカ ( NY DOW ) ▼ 280.28 ▼ 2.10
アメリカ ( NAS ) ▼ 60.61 ▼ 2.37
ブラジル ( Bovespa ) ▼ 1433 ▼ 2.70
アルゼンチン ( Merval ) 記録なし 記録なし

<< 前の日  次の日 >>


スポンサーリンク