当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2007年 08月 17日 (金) −2007年 世界同時株安の記録−

火消し

FRBは臨時のFOMCを開いて、FRBが公定歩合を0.5%引き下げて5.75%にすると発表。
公定歩合は形骸化しているので、市場への直接的な影響は小さい。

公定歩合での融資期間を30日まで延長・米FRBが緊急措置を発動。

* 通常は翌日に返済しなければならない
* 金融不安に歯止めをかけるため
* 資金繰りが悪化している金融機関向けの低利の資金提供


為替

前日に引き続き、リスク圧縮の円キャリートレード解消の為大幅に円高が進んだが、FRBの公定歩合の利下げのニュースが伝わると、円売りの動きが出て円は反落した。

為替変動の自動車セクター営業利益に対する影響

* 1円変動時 対ドル=約1.9%
* 1円変動時 対ユーロ=約0.3%
* 対ドルで10円の円高=日本の成長率が0.2%〜0.3%下落

為替 高値 安値 終値
円・ドル 114.90 円 111.55 円 114.33 円
円・ユーロ 154.85 円 152.82 円 154.03 円

日本市場

日経平均は大幅続落。
下げ幅は今年最大(2000年4月17日以来)。
日経平均・TOPIXは、年初来安値を更新。

近年の大幅安と違い、ザラバ中に大きく下落した。
(輸出関連銘柄以外は、早めに寄り付いた)

東証一部の時価総額が前日比27兆円減少し、500兆円を割り込んだ。
(2006年11月28日以来、約9カ月ぶり)
(株式相場下落によって、1週間で48兆円が消失)

《大幅続落の原因》

* 急激な円高・ドル安が進行したため。
* 輸出関連銘柄の決算時の想定為替レートを上回った為。
* 輸出関連銘柄の業績悪影響が出るとの思惑が出たため。
* 海外のヘッジファンドの解約に伴う換金売りが出た為。
* 追い証回避・追証の個人投資家の売りが出た為。
* 自動車・ハイテクから紙パルプ・通信へ資金移動されたため


《 日経平均 》

《 TOPIX 》

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
日本 ( 日経225 ) ▼ 874.81 ▼ 5.42
日本 ( TOPIX ) ▼ 87.07 ▼ 5.55
騰落レシオ ( TOPIX ) 55.5

アジア市場

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
韓国 ( KOSPI ) ▼ 53.91 ▼ 3.19
中国 ( 上海総合 ) ▼ 108.87 ▼ 2.28
台湾 ( 加権 ) ▼ 111.08 ▼ 1.35
香港 ( HANG SENG ) ▼ 285.26 ▼ 1.38
シンガポール ( ST ) ▼ 21.45 ▼ 0.68
オ-ストラリア ( ASX ) ▼ 41.90 ▼ 0.73
インド ( SENSEX30 ) ▼ 216.69 ▼ 1.51

ヨーロッパ市場

ヨーロッパ市場は、FRBが公定歩合を引き下げるとのニュースが伝わると、大幅に値を切り上げて、前日比大幅高で引ける。

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
イギリス ( FTSE100 ) 205.30 3.50
フランス ( CAC40 ) 98,16 1,86
ドイツ ( DAX ) 108,22 1,49
イタリア ( MIB30 ) 730,00 1,92
スペイン ( IBEX35 ) 257,80 1,84

アメリカ市場

FRBが公定歩合を0.5%引き下げると発表したため、アメリカ市場は朝方から買いが先行。
信用収縮が公定歩合の引き下げで緩和される期待から、金融株や住宅関連株などを中心に幅広い銘柄が上昇。(1万3000ドル台を回復)

国名 ( 市場 ) 前日比 前日比(%)
アメリカ ( NY DOW ) 233.30 1.82
アメリカ ( NAS ) 53.96 2.20
ブラジル ( Bovespa ) 543.21 1.13
アルゼンチン ( Merval ) 95.41 5,20

<< 前の日  次の日 >>


スポンサーリンク