当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【また損した】 黄金の負けパターン

まず、負けパターンの典型的な例を書いてみたいと思います。
心当たりのある方はいらっしゃいますか?(あ・・・私もか・・・)
この負のサイクルをどこで断ち切ればよいのかを考えるだけでも、投資成績が上がるかも?!
(上がらなかったらごめんなさい)

@ 株価上昇

A 底をうって反転したかと思い、買い出動

B 買った株価から、さらに下落

C ナンピン買い出動

D 株価が再度下落

E しばらく様子見

F 株価ジリ下げ

G たまらず損切り

H 損切りした途端、底打ち反転

I 損切り後に慎重になり、しばらく様子見

J 株価暴騰

K たまらず買い出動

L 株価暴落

M たまらず損切り

N しばらく様子見

@ から繰り返し

スポンサーリンク

【損切り編】 黄金の負けパターン崩しの罠

黄金の負けパターンを崩そうと思ったら、さらに負けが込んでしまったことありませんか?
日頃と違ったことをしたからといって、損してしまうのが株式投資の難しいところ。
そこで、黄金の負けパターン崩しの罠について、考えてみたいと思います。

@ 株価上昇

A 底をうって反転したかと思い、買い出動

B 買った株価から、さらに下落

C 即効 損切り

D 損切りした途端、底打ち反転

E 慌てて買い出動

F 買い出動した途端、さらに下落

G 再び、即効 損切り

H 損切り後暴騰開始

I 慌てて買い出動

J その後、薄利で利確

K 利確後、さらに買い出動

L 株価暴落

M 即効 損切り

@ から繰り返し


【ナンピン編】 黄金の負けパターン崩しの罠

先ほどは損切りについて書きましたが、ナンピンでの黄金の負けパターン崩しもありますので、そちらについても考えてみたいと思います。

@ 株価上昇

A 底をうって反転したかと思い、買い出動

B 買った株価から、さらに下落

C 株価小幅上昇

D 底をうったかと思い、ナンピン買い出動

E ナンピン後、さらに下落

F 下落後、再びナンピン

G その後、ジリ下げ

H たまらず損切り

I 損切り直後、底打ちして株価暴騰

J 慌てて買い出動し、天井掴み

K 株価暴落

L 即効 損切り

@ から繰り返し


株って、本当に難しいですネ。
特に株の売買が裏目裏目に出ている方にとっては、厳しいかと思われます。(私もですが・・・)
というわけで、なかなか厳しい株の世界ですが、で・き・る・だ・け損しないように、これからも頑張っていきましょう・・・。


スポンサーリンク