当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【倒産】 危ない株のお話 【上場廃止】

財務状態の悪い株に手出しすると、その株が倒産してしまう可能性があります。
これは恐ろしい話です。
100万円投資していても、その100万円がパーになってしまうのです。

塩漬けとか焦げ付きどころの話ではありません。また、上場廃止が発表されてから、その株から手を引こうと思っても、投売りすらままならなくなる場合もあります。
ですので、財務状態が悪くて、倒産のリスクが高い株には手出しをしないことが、お金をパーにしないための第一歩なのです。

スポンサーリンク

【悪魔的魅力】 財務状況が悪い株

さりとて、財務状態の悪い株は魅力的でもあります。
それは、非常に財務状態が悪い株は、割安なまま放置されたり(そりゃ当然ですネ、怖くて誰も買えませんから・・・)100円以下で買える超・低位株であったりすることがあるので、投資金額が少なくて、たくさん儲けたい個人投資家にとっては、実に美味しそうに見える株なのです。

さらに、このような超・低位株は1円の重みが大きいですので、同じ金額を投資するのであれば、超・低位株に投資したほうが値動きが大きく、ハイリスク・ハイリターンで、これまたウマ〜なので、ついつい飛びつきたくなってしまうわけです。


【至上最低のババ抜き】 倒産株

倒産や上場廃止が決まったあとは、1円で張り付く銘柄が多いです。
しかしながら、1円で張り付きながらも結構買い板が厚い場合があります。
不思議なお話です。

一体誰が買うんでしょう?
1円で買って2円で売る1円抜きの売買の買いとも考えられますが、いずれにしてもこのような売買の場合、1円で買って1円でも売れなくなる可能性がありますので、充分に注意が必要です。

しかしながら、1円で10000株買ってみて、宝くじでも買う心境でトライしてみるのも良いかもしれません。もしかしたら、その株が第二のりそなとなって、200倍以上の高値をつけてくれるかもしれません。
・・・とはいいましたが、あくまでもドブに捨ててもいい位のお金でトライすることが大切かと思います。そうでないと、後で泣きを見るかもしれません。


スポンサーリンク