当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【大損】 2階建てについて 【大儲け】

2階建てという投資方法があります。
普通の人は2階建てと聞くと、
「あぁ、一戸建ての家でも買ったんだな〜」

などと思うかもしれませんが、株式取引をやっている人から見ると、2階建ては
「えぇ〜っ、2階建て!大丈夫かなぁ・・・」
に、なるかと思います。
その位2階建てはハイリスク・ハイリターンな取引なのです。

スポンサーリンク

2階建てとは?

2階建てとは、現物で買った株(担保として差し入れている株)と同じ銘柄を、信用でも買うことです。
つまり・・・

現物=1階(担保として差し入れ)
信用=2階(1階部分を担保として、現物と同じ銘柄を買う)

・・・という事です。
理屈は簡単。
ちなみに、やろうとすればすぐに出来てしまうため、売買も簡単です。


2階建ての有利な点

2階建ては、同じ銘柄を大量に購入できるため、その銘柄が上がれば非常に儲かる売買方法ですのでリスクの高い取引ですが、未だに2階建ては方々で行われています。


2階建ての不利な点

2階建ては同じ銘柄を大量に買っているため、その銘柄が下がれば、その分ダメージも大きくなります。
また、様々な分野の様々な銘柄に投資するわけではないですので、リスクを分散させることが出来ず、毎日手持ち株が全面高か全面安の状態になってしまうわけです。

さらにこれが「全力2階建て」であれば、さらにリスクが高くなってしまいます。
ナンピン余力も無く、唯ひたすら上がるのを祈るばかりになってしまいます。


リスクとリターンの考え方

リスクとリターンの考え方については、人それぞれです。大損する可能性はあっても大きく儲けたいとか、大きく儲けられなくても良いから着実にコツコツ稼ぎたい・・・などなど、リスクとリターンについての考え方を人に押し付けるわけにはいかないのです。

ですので、私も2階建てはやめたほうが良い・・・とは、言えないわけです。しかしながら、「2階建てをやめるとよりリスクを少なくすることは出来る」・・・とはいえるかと思います。

その点は、株式投資をされる方がご判断されれば良いかと思います。
もしかして2階建てで一発当てて大儲けできるかもしれませんし、2階建てで大損してしまうかもしれません。

とりあえず、2階建てという投資方法は、私であれば一生のうちで絶対にやらない投資方法ですし、お勧めしない投資方法です。


スポンサーリンク