当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

騰落レシオについて

  • 短期的な指標=6日単位の騰落レシオ
  • 中期的な指標=25日単位の騰落レシオ

スポンサーリンク

騰落レシオの数値

  • 100%以上(値上がり銘柄数  値下がり銘柄数)
  • 100%(値下がり銘柄数  値上がり銘柄数が同数)
  • 100%以下(値上がり銘柄数  値下がり銘柄数)

中期的な騰落レシオの指標

120%〜140%
中期的に見ると高値圏であることが多いので、買いを手控えた方がよい。
70〜50%
中期的に見ると底値圏であることが多いので、売りを手控えた方がよい。
(上昇相場のときは、65%を割り込むことはめったにないと言われています)
(ご指導をいただきましたぱっひいえんどさんに感謝です)


短期的な騰落レシオの指標

35%未満
短期的に見ると底値圏であることが多いので、売りを手控えた方がよい。
250%以上
短期的に見ると高値圏であることが多いので、買いを手控えた方がよい。


騰落レシオの計算式

騰落レシオ={(値上がり銘柄数の合計)÷(値下がり銘柄数の合計)}×100
(%で表示されます)


騰落レシオについての注意点

  • 全面高・全面安が極端に多い状況では、投資家が妙味を感じても投資に踏み切るタイミングが難しい為、相場反転のきっかけがつかみにくくなるようですので、注意が必要。
  • 70%以下は底値圏であることが多いが、70%を切れば必ず底値付近であるとは限らないので、注意が必要。
    (60%を切り、下げることもあるようです)
  • 騰落レシオは、騰落レシオ={(値上がり銘柄数の合計)÷(値下がり銘柄数の合計)}×100 ・・・として算出される為、値上がり銘柄が値下がり銘柄よりも多ければ、騰落レシオは上がってしまうため、実際に日経平均やTOPIXがさほど上昇しなくても、騰落レシオだけは上げてしまうことがあるため、注意が必要。

【ここ半年ほどの騰落レシオの数値の推移をグラフにしてみました】


【新高値・新安値の推移です。騰落レシオと共にご参考にされると良いかもしれません】


スポンサーリンク