当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【爆上げ】 窓理論 【爆下げ】

チャートを見ると、たまに空間が開いているものがあります。
これは一般的に「窓」と呼ばれています。

【窓が出来るまで】
寄り(取引開始時)で成り行きで買いを入れる人が多いと、 前日比がいきなりプラスで始まります。
その銘柄の先高感が強いと、寄りから成り行きで買いを入れても 充分に儲けられると多くの人が思っているので、寄りの成行買いが増えるのです。

また、大きく上げてくるだろうと思っている株に 指値を入れて待っていたところで、買い損ねる可能性もありますから、 相当上げるだろうと思っている場合は「成り行き」で買うわけです。
この場合、チャートで見ると窓が開きます。


寄りの成り買い
    ↓
チャートに窓が開く

スポンサーリンク

閉まる窓と開きっぱなしの窓

窓が開くような上げ方をしている場合は、 「株が急激に上昇している」ということになりますので、 その後の売り圧力は強くなります。
(株価が上げているうちにさっさと利確したいとか、 やれやれ売りが出やすくなるため)

ですので、窓が発生したら株価が下落して窓が埋まる可能性が高くなります。
ただ、この時に窓が埋まらない銘柄は、 やれやれ売りや利確売りを吸収するほど買い圧力が大きいので、 さらに大きく上げてくる可能性があります。

また、窓は二つ・三つ空いているのに一向にその窓が埋まらない銘柄は、 相当買い圧力が強い銘柄だといえます。 これは売りでも同様のことが言えます。


スポンサーリンク