当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

株価とPERについて

以前、BBSにてぽじずれさんに話題を提供していただいた、日経平均や各銘柄・業種のPERと株価や指標についての関連性について、ちょっと表にしてみました。
なお、この表についての解説についてのご指導・ご鞭撻をいただきました「はっぴいえんど」さんに心から感謝いたします。

スポンサーリンク

↓のチャートは、日経平均と東証一部連結PERの推移です。



※1 PERは、株価をEPSで割ったものです。(PER=株価÷EPS)
PERを割り出すために使用される※2 EPSは、一般的には、今期の予想値を使用します。また、このような指標などから、債券と株、どちらに投資した方が得なのか計るための指標、※3 イールドスプレッドや、現在の株が割安か割高かを計るための※4 イールドレシオがよく利用されるようです。


補足

※1 PERrice arning atio)
株価をEPS(一株あたり利益)で割った数値のことを言います。

※2 EPSEarnings Par Share)
純利益を発行済み株式の数で割ったものです。(税引き価格で表示されます)

※3 イールドスプレッド
イールドスプレッドとは、長期国債(日本10年債、米国30年債)
の利回りと東証一部の益回り(PERの変形)の差です。
イールドスプレッド = 長期国債利回り − 東証一部の益回り(PERの変形)
債券で運用するか、株式で運用するかのベンチマークとなります。

※4 イールドレシオ
現在の株が割安か割高かを計るための指標です。
イールドレシオ = 長期国債利回り ÷ 東証一部の益回り(PERの変形)

↓は、トヨタ株とトヨタ株のPERを重ねたチャートです。
予想利益が変化しない場合、株価とPERは連動しますので、株価の上昇とPERがピタリと一致します。



↓は、東京三菱FG株と東京三菱FG株のPERを重ねたチャートです。東京三菱FGに関しては、予想利益の変更があったため、PERが一気跳ね上がった時期がありました。



↓の表は、10年間のトヨタの株価とPERの推移です。
1994年から2000年までは、PERが25〜45の間で推移しています。
2000年の3月にピークを迎え、PERは下落していきます。

2000年3月から2002年の4月までは、株価とPERはほぼ連動して下落して推移していきます。2002年4月にPERが底打ちします。
その後、PERは若干の上げ基調ではありますが、ほぼ横ばいのPERで推移していきます。


スポンサーリンク