当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【視点を変えよう】 チャートを逆さにする

すごく上がっている株を見ると、どうしても買いたくなってしまいますネ。
後々冷静になって考えてみると、天井付近であるのは明白なのに、ついつい手が出てしまう場合が、株を売買しているとどうしても出てきてしまいます。

また、それとは反対に、すごく下がっている株をみると、どうしても売りたくなってしまいます。後々見ると、そこは大底であるわけですが、どうしても底に見えないときがあります。
こういったときに冷静になってチャートを見る方法があります。

スポンサーリンク

【見えなかったものが見える?】 チャートを逆さにして観察する

絵画やデッサンをする際には、描きかけの絵を逆にしてみると「アラ」がはっきりと見えてきます。また、反転させてみても「アラ」がよく見えます。摩訶不思議な現象ですが、これは実際にデッサンの訓練をする際に行われている方法なのです。

これと同じ原理かはよく分かりませんが、チャートについても同様のことが言えるようです。
(もしかして、自分の願望や日々の観察を続けていることで、脳が麻痺している?)
試しに普段自分が見慣れた監視銘柄などをこの方法で観察してみてください。
何か見えるのではないでしょうか?


【落ちる短剣を掴む】 買い時の負けパターン

下のチャートは東京製鉄の1年間のチャートです。
普通のチャートに見えます。



次に上下反転した下の画像をご覧下さい。



グングン上げているチャートに見えます。
移動平均の上にローソク足が乗っているあたりも、上げ相場そのものに見えます。
(実際には反転しているので、下げ相場そのものなところが悲しいのですが・・・('A`))

しかし、1400円のあたりで頭打ちになっているように見えませんか?
さらに1600円の辺りまで、ローソク足が落ちそうな気もしなくも無いです。
また、1600円を超えて、移動平均を下抜けると、一気に1800円くらいまで落ちそうな気がしませんか?

また、1400円を完全に上抜けたら、1200円以上に上げそうな気がしませんか?
この場合は、1400円から1600円のレンジを抜けるかどうかが問題になりそうな気がします。



・・・とまぁ、分かりにくかったチャートが案外見えるようになるわけです。
(逆さ向けなくてもお分かりになっておられた方がおられたらゴメンなさい(>_<))
Me's戦略ツールでもこの機能採用されないかな〜と思っているのですが・・・。
(この機能を作ってくれたら、私は多分、泣いて喜びます (\∀\) ホシイホシイ)


【一度やってみたかった!】 ついでに観察してみよう その1

このチャートは、私が調べてみたかった銘柄(東京三菱FG)のチャートです。
↓のチャートは、通常のチャートです。



これが上下さかさまにしたチャートです。
何だか上値から落ちつつあるチャートに見えますね。
おおよその底は100万円に見えます。

そして、大底は105万円に見えます。
110万円辺りに行くと、猛烈に押し上げられています。
ですので、110万円はめったに無いとおもっておいた方がよいのかもしれません。



【一度やってみたかった!】 ついでに観察してみよう その2

次の銘柄は、川崎汽船のチャートです。
なんだかフタこぶらくだの二尊天井をつけていて今ひとつな感じです。



↓のチャートは、逆さにしたチャートです。
こうやってみると、丁度650円の抵抗ラインに差し掛かっているのが見て取れます。
さらにココで強く押されるようなことがありますと、800円近くまで押し戻されそうな気がしなくもないです。

しかしながら、もしここで調整を一通り終えてさらに上げ始めると、500円近辺まで一気に上昇しそうにも見えます。ですので、川崎汽船のチャートもここが正念場であるように見えます。



ちなみに、抵抗ラインを引いてみたチャートは↓です。
当面は、上値抵抗ライン(逆さで見たらですが)を抜けるかどうか問題になりそうな気がします。



スポンサーリンク