当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【ロスカットするなら】 逆指値について

ロスカットとは、損切りのことです。
含み損が増えすぎないための自衛手段です。このロスカット、ザラ場中に張り付いてここで切るんだと指定する方法や、寄り付きの投売りなど、ロスカットする方法はいくつかあります。

ここで問題になるのが、ロスカットの際の指値の取引です。
ロスカットの際に行う指値は、現在値よりも低く指すのが通常ですので、普通に指値をしてしまうと現在値で株を売ってしまうのです。

スポンサーリンク

ところが、現在値より高い株価で買う「買い指値」や、現在値より低いの株価で売る「売り指値」以外は、このような指定をして株の売買を行うことは困難なのです。
何故なら、現在値より高いで買う「買い指値」や現在値より低い株価で売ることは、理論的にはありえないことですので、現在値で取引されてしまうのです。

例えば、現在値6700円のアコム株6500円でロスカットしようと思えば、6500円で指値を入れなければなりませんが、普通の指値であれば、6700円で即効約定してしまうのです。これではロスカットの為の指値としては不十分ですネ。

ですので、ロスカットの為の指値をするのであれば、ロスカット用に逆指値を使用して、ロスカットの為の指値を入れなければならないのです。

塩漬け姉さんは、買いと売りの入力間違いで、アコム株を現在値よりも低くで指してしまい、現在値で売ってしまったと言う恐るべき大間抜け取引をしてしまったことがあるのですが、悲しいかな、この取引で逆指値の有効性を実証してしまったのです。
(しかも、損失が9万円弱と言う・・・はっきり言ってしばらくは立ち直れません・・・)

ですのでみなさん、ロスカットの指値を入れる際にはくれぐれも逆指値をお忘れなく・・・。
ちなみに・・・逆指値を出来る証券会社と出来ない証券会社がありますので、証券会社選びの際には、充分にお気をつけ下さい。


逆指値対応証券会社


スポンサーリンク