当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【得】 株式投資の取引手法と儲け 【得】

株式投資では、様々なスタイルの投資方法があります。
デイトレや、スウィングトレードや、逆張りなど数え上げたらキリがありません。
こんな多数の取引手法の中でも、どれが一番ベストな取引方法であるのかは、一概には言えないのでは無いかと思います。

スポンサーリンク

【のんびり】 取引手法と気の長さ 【せっかち】

のんびりしていて、じっくりとものを考えるのが得意な人が、瞬時に色々と決断して行動しなければならないデイトレには向いていないと思いますし、日々たくさんの取引を手際よくぱっぱとやりたい方には、長期投資は向いていないのではないかと思います。

たまに、どのような投資法をすればよいのが分からないといったメールを頂くことがありますが、どのような投資法をすればよいのかを考える前に、どのような投資法が自分に向いているのかを探した方が良いような気がするのです。

より安全であるのは、割安な優良株を仕込んでおいて長期にホールドする方法ですが、一瞬一瞬の決断の中から利益を上げているデイトレの方々の手法だって、向いている人が行えば、儲けることは可能であると思うのです。


【ちょっぴり】 投資法と資金量 【たっぷり】

デイトレで稼ぐのも逆張りで稼ぐのも、金額が大きければ大きいほどたくさん儲けられるかとは思いますが、逆張りで買い下がっていく場合は、ある程度の資金量が無いと、少々しんどいかもしれません。なぜなら、資金があまりにも少ない場合、最小単位で少しづつ買い下がっていっても、買える額は限られてしまうからです。

小額の投資資金で逆張りを行う場合、低位株などの買い下がりを行いやすい株を買うのが良いのですが、低位株を購入する際に注意が必要なのは、「低位株の中には、非常に財務状態が悪い株がある」ということですので、財務状態などを調べて内容の良い株を買わなければならないのですが、そういった株はもうすでにパツパツに跳ね上がっており、値下がりリスクが高くなってしまっている場合があるのです。

不況真っ只中で、株式市場が冷え切っている時でしたら、低位株で尚且つ優良株というのもゴロゴロしているかと思いますが、ある程度株式市場が熱くなってきたら、かなり値段が上げてしまいますので、小額で逆張り投資を行うのであれば、かなりしんどいのではないかと思います。


【案外高い】 投資方法と手数料

投資法が変われば、手数料の支払方法も変えたほうが無難であると思います。
今の日本には多数の証券会社があり、手数料も様々ですが、その中でも自分の行いたい投資手法に一番マッチした手数料体系を選ぶのが良いのではないかと思います。

デイトレでしたら「定額制の手数料」が良いかと思いますし、逆張りでしたら「一回ごとに支払うタイプの手数料」でもよいのではないかと思います。ただ、金額に応じて、手数料の値段が大きく変わってくる証券会社がありますので、多額の資金で売買する際には、「多額の資金で売買した時に割安な証券会社を選ぶ」必要があるのではないかと思います。


スポンサーリンク