当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

上海発世界同時株安 第二波下落 2007年3月14日

アジア株の動き

ドル円 前日比0〜-1円(115円〜116円/ドル)

日経平均は、寄り付きから大幅に下落。(-250円安で寄り付く)
輸出関連株と鉄鋼株などの景気敏感株を中心に、徐々に値を切り下げていき500円安程度まで下げる。

台湾加権指数・シンガポール・オーストラリアASX・香港HANG SENG・韓国 KOSPI・シンガポールST・インドSENSEX30 寄付きから大幅安で、リバせずにそのまま引ける。
中国上海総合 寄り付きは大幅安だったが、ザラバ中に若干戻す。

スポンサーリンク

欧州株の動き

ドル円 前日比0円(116円/ドル) 円が急反発。

イギリス・フランス・ドイツ株 寄り後は軟調だったものの、米国市場が開くと堅調に推移する。


米国株の動き

ドル円 前日比-1円(117円/ドル)
円キャリートレードがひと段落した思惑が広がって再び円安ドル高に戻す。

NYダウ 前日終値近辺で寄りつき、底堅く推移して引ける。
ブラジルBovespa・アルゼンチン リバウンドして小高く引ける。


次ページ 上海発世界同時株安 第二波下落のリバウンド@ 2007年3月12日

前ページ 上海発世界同時株安 第二波下落開始 2007年3月13日


スポンサーリンク


このカテゴリの記事