当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【古漬け】 10年間の株価の歴史

10年間の株価を見ることで、超・長期塩漬け(古漬け)が可能かどうかを考えてみたいと思います。(この場合、日本国のデフォルトや、関東大震災や戦争やチェルノブイリ級の原発事故が起こらなかったら・・・という前提で考えたいと思います)

スポンサーリンク

【各社バラバラ】 自動車株を観察する

まずは、私の大好きなトヨタ株です。
2000年のハイテクバブルや2003年の不況期には少々下げましたが、それ以外の期間は、3000〜4000円の間をうろうろしているようです。

10年のスパンで見ると、3000円程度に落ちたときに買いで、4000円程度に上げたときに売りのスタンスでよいような気がします。(あくまでも↓のチャートを見る限りでは・・・ということではありますが・・・)



次にホンダ株です。
不思議なことに今まで一度もホンダ株を買ったことはないのですが、この株、非常に良い株ですのでいつも目をつけているのです。さてさて、このホンダ株、どのような動きをしているかを見て見ますと・・・



1998年以降は、6000円と3000円のレンジを行ったり来たりしているように見えます。
ココのところは、6000円近くまでジワジワ上げて上げ止まっているようですが、どんなに不況でも3000円が限界のような株価の推移をしていますので、3000円台で仕込む事に成功すれば、そんなに大損しないような気もします。



で、↑のチャートが日産です。
1999年辺りから、いいカンジに上げておりますネ!

しかしながら最近は日産も頭打ち。
下げトレンド入りしたように見えなくもありません。
(好きな銘柄だったのにな〜、下げてしまうのかなぁ・・・)


【戻らない?】 電気危機&ハイテク関連銘柄観察

↓のチャートは松下のチャートです。
電気機器関連の銘柄は、他の銘柄とは違い、1997年以前も結構高値をつけています。
ハイテクバブルの時に最高潮になり、その後は下落。

現在は、1998年以前の底値が天井の値段のようになっています。
以前の相場のレベルに戻さずに、レンジが一段落ちたような雰囲気です。



ちなみに、↓は日立のチャートですが、同じような傾向みたいです。



↓はソニーの株価です。
日立株や松下株に比べるとまだ戻しているような気もしなくはないのですが・・・。



ところで、ハイテク関連の銘柄はというと・・・
↓が京セラのチャートですが、ハイテクバブルの頃にすっ高値掴みさえしなければ、結構値を戻しているかと思います。ほぼ10,000円と、5,000円の間を行ったり来たりしています。



ちなみに、コチラは信越化学です。
底値はほぼ3000円台で、上値が徐々に抑えられながら推移しているようです。
このまま行くと、3000円台が底で上昇トレンド入りするか、3000円から大きく下げる展開になるのか、どちらかになりそうな気がします。



【まったり?】 ディフェンシブ銘柄観察

ディフェンシブ銘柄はマッタリしている印象ですが、10年のスパンで見ると案外上げ下げを繰り返しているようです。↓のチャートは東京ガスの値動きです。
現在高値を更新中のようです。

2000年といえば、ハイテクバブルの真っ最中でしたが、その際には大幅に売られたものの、その後は買い戻されてジワジワ上げ続けています。
10年のスパンで見ると現在高値圏にありますので、チャートだけを見ると、少々怖いような気もしなくはないです。(ペイオフ対策かな?)

しかしながら、10年間持ち続けていてもしっかりと値段を戻しているので、古漬け投資をするのであれば、東京ガスは結構安心な気がします。
(あくまでもチャートを見た限りでは・・・ですが・・・)



コチラは、関西電力です。
先ほどと同じように、2000年あたりで底をつけています。
その後はジワリジワリと上げ基調。

ディフェンシブは好景気になると下げるかと思ったんですが、こちらも最近まで上げ続けています。(まだ好景気ではないのかもしれません・・・)
10年前の2300円の値段まで、あと少しです。



↓は武田薬品の株価です。
ディフェンシブの王道銘柄かと思っていましたが、10年前は1000円ほどの株価。
ずいぶんと上げていたんですね。

しかも、2000頃のハイテクバブルの時期に上げ、2004年頃まで下げてます。
案外値動きのある株なのだと、改めて再確認。
しかしながら、ジワリジワリと株価は上げつつあるようですので、チャートを見る限りでは胸がトキメキます。(株価上がるかなぁ〜〜)



【はじけてます!】 「大化け歴」を持った銘柄を観察

↓のチャートは、言わずと知れたライブドアのチャートです。
瞬間的にピコーンと行ってますネ〜
こういった株は分割を何度か繰り返していますので、チャートの見方も少々複雑になるかとは思いますが、2000円近くで掴んでしまったらなかなか厳しいものがあるかもしれません。



さらに、ソフトバンク株を忘れてはなりません。
ハイテクバブル期のすさまじい上昇!
ハイテクバブル以外の時期の上げ下げが小さくて、ほとんど確認できません。
ハイテクバブル以前にお買い求めになった方、本当におめでとうございます。



ソフトバンクと来ると、ついつい見たくなるのが光通信。(↓のチャートです)
こちらのチャートも実に見事です。
まるで心音計みたいなチャートです。



【じわじわ】 住友金属鉱山を観察

10年スパンで見ると、1000円が高値。湾岸戦争やらイラク戦争が起こっても、こんなもんです。(アメリカや日本がデフォルトすれば、今後どうなるか分かりませんが、ここではその可能性は考慮せずに考えてみたいと思います)ここいらが天井な雰囲気もしますが、最近は600円台と800円台をウロついていますので、その間で利ざやをとってみたくなる・・・というのが本音です。

金が現在高値をつけていますので、金価格の下落、または銅やニッケルなどの値段が下がればこのレンジ相場も終わりを告げてしまうかもしれません。
(個人的に大好きな銘柄なので、これからもドンドン上げて欲しいのですが・・・)



【どん底?】 重工業銘柄を観察

重工業と名の付く銘柄の10年間です。
う〜ん・・・何だか似たような動きをしていますネ。
↓の川崎重工のチャートでは尻上りでこれから少しは戻しそうな気もしますが、



三菱重工業の方は未だ大底。
戦争で特需でも起これば、ここからブ〜〜〜〜ンと値が跳ね上がるのかもしれませんが、今のところは、ボチボチな様子。



大底を這っているような、重工業銘柄のチャートでした。


【塩漬け姉さんが個人的に気になる銘柄】 東鉄君を観察

そのようなわけで、ついでに東鉄君も観察。



こうやって見ると、何だか天井をつけて下落途中のチャートに見えます。(激鬱)
本当の底は、底練をしていた2002年ごろであり・・・。
・・・と、こうして考えると、どうも似ているチャートが↑のほうにありました。
そうです、三菱重工です。



理由なんて特にありませんが、現在底練り中で、これから上げそうな気がしません?
そんな単純なものでもないでしょうから、これから上がるなんて全然言えませんけど、ちょっと気になる銘柄です。


スポンサーリンク