当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【古漬けウマー】 10%の配当をGETする

先日とある方からメールをいただきました。
そのメールの内容は「かなり安い時期に買った古漬け株が値上がりし、結果的に配当の利率が10%近くなった」・・・ということでした。

そこで早速確認してみたのですが、うんうん、その方のおっしゃる通り、確かに配当の利率は高くなっていたわけです。短期利ざや稼ぎでは、決して手に入れることの出来ない高配当。
この高配当のヒミツは↓のようなところにありました。

スポンサーリンク

【そんなのあり?】 高配当の秘訣

100円の株があったとします。
その100円の株は、配当利率が1%(一株あたり1円の配当)でした。
その2年後、その100円の株は1000円に値上がりしました。

1000円に値上がりしたときの配当利率も1%(一株あたり10円の配当)でした。
ここで注目すべきは「買値」です。
配当利率自体は変わっていないのですが、買値から換算すると配当利率がなんと・・・

10%なのです。

【例】
100円/1株 X 1000株 = 100,000円(元本)
(1円(一株あたりの配当利率 1%) X 1,000株 = 1,000円(配当金総額))

1,000円/1株 X 1000株 = 1,000,000円(元本)
(10円(一株あたりの配当利率 1%) X 1,000株 = 10,000円(配当金総額))

※ 買値は100円の時のままなので、100,000円が元本で、値上がり後の配当が10,000円です。買値の100,000円と値上がり後の配当(10,000円)で配当利率を計算すると、10%の配当利率になります。

つまり、企業は1%の配当を出し続けているに過ぎないのですが、「株価自体が値上がりしたので、買値から考えると配当利率が爆上げした」
・・・というわけです。

すごいですねー、まさに「夢の10%配当」です! (^-^)
このようにして考えた場合、日本での高配当も決して夢ではないわけです。


【ヒヨコ探し】 金の卵を産みそうなヒヨコ

ここで問題なのが、このような株価が10倍ほどに爆上げして、さらに配当がそこそこ出る銘柄を探すことです。つまり金の卵を産みそうなヒヨコを探すことが重要になるわけです。

金の卵を産むニワトリは日本にはいませんが、金の卵を産みそうなヒヨコなら、日本にもまだいそうな気がします。ですので、今後大きく伸びそうな企業の株をGETすることで、夢の10%配当を得られるのではないかと思います。

じゃぁ、星の数ほどいるヒヨコ達の中から、どうやって金の卵を産みそうなヒヨコを判別するのかが問題になるかと思うのですが、それにつきましては、「鋭意勉強中」です。
(ヒヨコちゃんが、金色に光り輝いていてくれたら分かりやすいんだけどな〜)


スポンサーリンク