当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【リスクを減らそう】 配当狙いの株式運用

株式投資で利益を上げようと思ったら、一番に思いつくのが利ざや稼ぎかと思います。
利ざや稼ぎとは、安くで買って高くで売る方法です。

この方法ですと、儲かり方は大きくなりますが、その一方で株が値下がりするリスクを孕んでいることも事実です。そこで、リスクを極力少なくするのであれば、配当目当てで株を買うことが一番良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

長期の塩漬け期間中に配当が出る上に、もし仮に元本よりも値上がりすれば、つ・い・でにその分の利ざやも稼げるのです。ですので、よりリスクを少なく株式運用されるのであるのならば、配当狙いで株を購入されたほうが良いのかもしれません。

本来株というのは、アメリカやアジア諸国からの物資を船で持ち帰って、 その物資を売って得た利益を、船を運航するための資金を出し合った人々が、 分配する制度が元になっているらしいですので(株の起源については、その他にも諸説あるようですが・・・)、配当金狙いの株の所有は、 本来の株の意味に即したことだと思うのです。

日本では配当はまだまだ低いですが、アメリカではかなり配当金が高い様子。
日本も今後、M&A対策(企業買収)のために、配当金の額を上げて防衛する可能性がありますので、キャッシュリッチな優良企業は大注目かと妄想しております。


配当の出る株を買おう!

配当狙いと言いましても、何の会社を買っても良いというわけではなく、きちんと配当が出る会社を買うことが肝心です。そうでないと、株を買ってはみたものの、配当は出ずに、せっかくの資金が水の泡になる可能性があるからです。配当が出るのかどうかは、各証券会社の銘柄情報などで確認できると思いますので、ぜひそちらのほうをご利用ください。

↓のページもご覧下さい。
【倒産】危ない株のお話【上場廃止】


配当がより多く出る株を買おう!

配当の金額は、各会社ごとに異なります。
ですので、より多く配当の出る会社の株を買うことが、より多くお金を手に入れるためには大切であるかと思います。その為、配当の利率(金額ではなく利率で判断されたほうが良いかと思います)を調べてから、株を買われるのが良いかと思います。

↓のページもご覧下さい。
【ちょっぴり】配当について【たっぷり】


定期預金と配当比較

定期預金は、現在のところ最大で1%程度の利子を手に入れることが出来ます。
元本割れのリスクはない代わりに(1000万以上預けていて、ペイオフ後に銀行が倒産して預金がパーになる場合を除く)、非常に利率が低いのが難点です。

その点、3%台の配当の出る会社ですと、定期預金の3倍の利率です。
ですので、お得さから言えば配当が勝っているかと思います。
問題は元本の値下がりリスクがあることと、手数料の問題です。


配当についてちょっと詳しく考える

配当には期末配当と中間配当があります。期末配当とは今期の業績によって配当を支払うもので、中間配当とは一年のうちのある一定の日に支払われる配当のことです。

中間配当で注意しなければならないのは、今期末にお金が足りる範囲で前期の余剰金の中から配当が支払われる・・・ということです。
つまり、今期末も充分にお金があって、前期に余剰金がなければ支払われないということです。

そのため、会社によっては「中間配当が支払われない」という悲しい事態も起こりえるわけです。(塩漬け姉さんも、中間配当がいただけなかったことがあります。そのときは「何で配当をくれないんだ!」と怒っていたこともありましたが、要はそういったことだったのです)


配当狙いの株は、割安なときに買おう

恐らく・・・ですが、皆さま、配当狙いの株を買う場合は、配当を狙うだけあって配当の高い会社を選ばれるかと思いますが、その際に注意なのが、

「他の人も配当前に株を買って、高配当銘柄の権利をとりたい」

・・・と思われているということです。
つまり、高配当銘柄は配当の権利が確定する前は値上がりしてしまう可能性が高くなる・・・ということです。ここで一つ例をとってみてみましょう。

A子さんはB銘柄を3月中旬に1000円で仕込みました。
その後、B銘柄の配当の権利をとり、配当金を受け取りました。
しかし、B銘柄自体は4月末日には700円に急落。
現時点で売ってしまえば、300円分の損失が発生してしまいます。
つまり、元本割れしてしまうのです。
せっかく配当をとっても、これではてんでお話になりません。

このような事から、配当が出る直前に高配当銘柄に手を出すのは差し控えた方が良さそうです。1年のうちで割安になる時期があるかと思いますので、チャートなどを参考に、割安な時期を探ってみてください。(塩漬け姉さんは、主にカブドットコム証券のスーパーチャートを使用しています)


業績は常にチェック

配当は業績が伴っていて初めて支払えるものです。
ですので、業績が悪くなる可能性があるのかどうか、しっかりとチェックしたほうがよいかと思います。日経新聞や「 会社四季報 」などでもチェックできますので、例え配当狙いで株を購入しているとは言え、日頃から業績などについて目を通しておくことは大切かと思います。

(通常の大手の新聞とは違い、日経新聞には株や会社や経済などに関しての様々な情報がたくさん掲載されていますので、ぜひご購読されることをお勧めします)


株式の売買手数料とその他費用

株式は売買手数料がかかります。
売買手数料に関しては、金額が大きくなると売買手数料が跳ね上がってしまう証券会社がるので、多額のお金で高額配当の株を購入するのであれば、その点に注意です。

さらに、証券会社によっては、口座開設費用、口座管理料、口座維持費用などを徴収されてしまう場合もありますので、それらの費用が無料の証券会社を選んで、株を購入されるのが良いのではないかと思います。特に、口座管理料、口座維持費用などは、定期的に徴収されてしまうものですので、ぜひとも無料の方が宜しいかと思います。たかが費用、されど費用。
ちょっとでもお得な証券会社を探してみましょう。


次ページ

【塩漬け上等】 優待銘柄を保有する

前ページ

【ちょっぴり】配当について【たっぷり】


スポンサーリンク