当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

歴代の塩漬け姉さん杯受賞銘柄を騰落率順に並べ替えた

歴代の塩漬け姉さん杯(&当たり屋大賞)の覇者騰落率順並べ替えると、以下のようになります。
(敬称は略させて頂いております)


1位 -58.65%

マゲタロウ 第5回 2010年
エルピーダメモリ(6665)
※ 上場廃止


2位 -42.7%

かとちゃん 第六回 2011
日本航空(9205)
※ 上場廃止


3位 -37.30%

ふくまめ 第十回 2015年
バリューHR(6078)


4位-37.1%

たま 第三回 2008年
三洋電機(6764)
※ 上場廃止


5位 -28.58%

やも 第四回 2009年
UEX(9888)


6位 -23.75%

GOMA 第八回 2013年
東京電力(9501)


7位 -20%

ライジングサン 第ニ回 2007年
日本ERI(2419)
※ 上場廃止


8位 -18.2%

Discus 第一回 2006年
山水電気(6793)
※ 上場廃止


9位 -14.93%

パズー 第九回 2014年
ムサシ(7521)


10位 -12.32%

renabajinharuhi 第十一回 2016年
ミロク情報サービス(9928)


11位 -3.68%

幸せな結末 第七回 2012年
TAC(4319)


塩漬け姉さん杯の多くが、悪材料豊富な糞株ちゃんたちです。

当たり屋大賞の銘柄の大半が、悪材料銘柄からの一発逆転ではないことを考えると、実は、悪材料出まくりからの一発逆転狙いの買いは、あまり良い手段ではないのかもしれません。(;´_`;)

ただし、上場廃止の難を逃れることができれば、長期的にはかなり戻している銘柄もありますので、持つのであれば潰れなさそうな銘柄を、短期勝負でははなく長期勝負で、と言うのがよいのかもしれません。
(そのまま上場廃止してしまう可能性もあるので、余剰資金で買うのが無難かと思います)

ちなみに、第七回はほとんどの銘柄でプラスでしたので、幸せな結末さんの予測不能の悪材料が出てしまったTAC【4319】は、わずか-3%の下げでも塩漬け姉さん杯をGETすることになってしまったのでした。
(これだから当たり屋大賞&塩漬け姉さん杯は難しい!)


スポンサーリンク