当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

歴代の当たり屋大賞受賞銘柄を騰落率順に並べ替えた

歴代の当たり屋大賞(&塩漬け姉さん杯)の覇者騰落率順並べ替えると、以下のようになります。
(敬称は略させて頂いております)


1位 246.85%

タカ 第五回 2010年
カルナバイオ (4572)


2位 110%

ima2 第ニ回  2007年
アイティフォー (4743)


3位 58.6%

(^^)titi 第三回 2008年
アストマックス (8734)
※ 上場廃止


4位 52.9%

塩漬け姉さん 第一回 2006年
鈴木工務店 (1995)
※ 上場廃止


5位 47.4%

ふくまめ 第六回 2011年
酉島製作所 (6363)


6位 44.23%

かとちゃん 第七回 2012年
アイフル (8515)


7位 43.59%

塩蔵 第九回 2014年
コマツ (6301)


8位 37.26%

ねこ地蔵 第四回 2009年
酉島製作所 (6363)


9位 36.89%

renbajinharuhi 第十回 2015年
ハイパー (3054)


10位 32.69%

塩蔵 第十一回 2016年
ドイツ銀行 (NYSE)


11位 25.35%

思惑 第八回 2013年
PGM (2466)
※ 上場廃止


タカさんカルナバイオ【4572】246.85% は本当にすごいですね。
(実際に、100万円投資していたら、大納会時には246万円になっていたと言う)

恐らくですが、これを抜ける銘柄は金輪際現れないのではないかと思われます。(;´∀`)

ちなみに、当たり屋大賞をGETした銘柄の多くが、好業績での株価上昇でした。

悪材料からの一発逆転と言うのは、かとちゃんさんのアイフル【8515】くらいなのではないかと思いますので、一発大きく当てる場合には、『 悪材料の無い好業績銘柄 』にした方が良いような気がしました。

あと、大型株もあまり見られないので(塩蔵さんのコマツ【6301】くらい?)大きく上昇する銘柄を当てるのには、値動きが重くて株数の多い大型株よりも、値動きが軽くて株数の少ない 『 中小型株 』 が良いのかもしれません。


スポンサーリンク